ミントが出産、生まれた子牛は・・・

今朝牛舎に行くと、「ミント」のお産が始まっていました。
予定日より10日も早く産まれた子は、弱々しい子で、オスだったので、「次郎」と呼ぶことにしました。(ホルスタインの子牛は、6頭連続オス)
次郎は、ぐったりしていて、立ちそうな様子もなく、初乳も飲みませんでした。
体温が低く、ブルブル震えていたので、乾布摩擦をしたり、ペットボトルの湯たんぽで必死に温めたりしながら、獣医さんが来るのを待ちました。
点滴をしてもらい、午後にはなんとか初乳を飲み、体温も正常に近づきました。
でも、まだ立つことはできない状態です。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-15 21:15 | 酪農業について
<< 次男が急性虫垂炎 放牧準備 >>