新しい牛「イソップ」と「キューチャン」にお灸

f0097539_21251357.jpg

新しく購入した初妊牛「イソップ」です。
キューチャンが立てなくなった日に、同じ町の牧場からやってきました。
隣は、タッチの子「次郎」で、時々この2頭は見つめ合っているような感じです。

これでウチの牧場の牛は、すぐ売る子牛を除いて、親牛舎に17頭、育成舎に9頭、合計26頭になりました。

キューチャンが、立つことができるようにならなければ、さよならし、1頭減ることになります。
そうならないように、今、出来る限りのことをやっています。
牛舎の真ん中の通路に寝ている状態で、とっても仕事がしづらいのですが・・・。
下の写真は、キューチャンにお灸をしているところです。
f0097539_212615.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2007-03-26 21:26 | 酪農業について | Comments(2)
Commented by ジャージー at 2007-03-26 23:14 x
そうだったんですね。差し出がましくて、ごめんなさい(-。-;)
キューちゃんに効いてくれるといいですね。
お灸中のキューちゃんの様子はどうでしたか?
Commented by fuji2213 at 2007-03-28 21:04
いつもコメントを貰ってとても嬉しく思っています。
分からないことだらけなので、また教えてください。
お灸中のキューチャンは最初はとても熱そうでしたが、慣れると平気な顔で草を食べていました。
<< その後のキューチャン キューチャンが三郎を出産、そし... >>