涼しくなって草を食べるようになった牛たち

朝夕かなり涼しくなり、日中も夏の暑さはなくなりました。
真夏の暑い時期も、昼夜放牧を続けていたのですが、牛たちはかなりばてていたようです。
いつ見ても、水飲み場の近くに集まり、糞と泥で汚くなっていました。
それが最近は、放牧地でよく草を食べるようになり、朝夕迎えに行っても、あちこちに散らばって、食べ続けています。
牛舎に連れて行くのに時間はかかるけど、牛たちの草を食べている姿を見られるのはうれしいです。
下の写真は、斜面の下から、牛を追いながら撮ったものです。
f0097539_9424312.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2006-09-01 09:44 | 酪農業について
<< 長男の様子とチャトランの様子 突然の別れ >>