サトイモチッチを親牛舎へ

26日に次男が帰って来て、昨日長男が帰省。
21ヶ月ぶりに、家族4人が揃いました。
そこで、今日一緒にやったことは、育成舎のサトイモチッチ(17ヶ月)を親牛舎へ移動する事です。
f0097539_21512498.jpg

この写真は、育成舎での、サトイモチッチです。
最初は暴れて不安でしたが、息子たちが、引っ張って、移動させることができました。

今年は、パンプス、クローバー、テラミス、ホイコーロー、おキヨちゃん、そしてクロッカスと、6頭の親牛とサヨナラしました。
世代交代は必要ですが、もっとよく食べ、丈夫で、長く健康で働いてくれる牛を育てたい、と強く思った年でした。
私は、育成舎へ行く回数を増やし、育成舎の牛も、親牛舎の牛も、よく観察する努力を始めています。
そして決めた、サトイモチッチの移動です。
[PR]
by fuji2213 | 2014-12-30 21:42 | 酪農業について | Comments(3)
Commented by hspringcomes at 2015-01-01 21:34
腰の方が大丈夫とのこと、安心いたしました。
ご家族の皆さまと牛さんたちのご健康な一年をお祈りいたします。
Commented by 北川徹 at 2015-01-03 16:39 x
あけましておめでとうございます
元旦、2日と妻の実家新十津川をJRで往復してきました。
車中、お借りした「セタナ通信」を読了しました。
酪農を舞台に小説を書き切る野原さんをに敬意を表したいです。風車の下りは、フィクションなのかノンフィクションなのか?ですが、せたなで働く者として事実をトレースしてみたいです。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
Commented by at 2015-01-07 19:06 x
明けましておめでとうございます。
長男さんも戻られて、賑やかになりましたね。


ホイコーロー、クロッカス、ティラミス
サヨナラだったのですね。

今年もどこかのタイミングで遊びにいきたいなーと
思っています。その時はまたご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。
<< 2015年のお正月 厳しい冬 >>