高遠菜穂子さんの講演を聴いて

一昨日、私たちの町の9条の会で、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子さんを迎えて、お話を聴きました。
イラク戦争前のイラクは、医療や教育が進み、宗派間対立もなかったのに、2003年以降、貧困層が増え、イラク政府軍が、スンニ派の市民を攻撃し、今年のお正月から、家を追われる人が増え、最悪の状況になっているという話を聴いて、私は、イラクの現状を全然わかっていなかったと思いました。
イラク戦争によって、今も、国民が命や家を奪われ、苦しめられている。
攻撃した、アメリカ、イギリスは、誤りを認めたが、攻撃を支持した日本は、誤りを認めることもしない、そんな日本の国民として、私は胸が痛くなりました。
日本の大企業が、死の商人として、武器を輸出するようになり、さらに、自衛隊が武器を持って出て行くことになれば、日本人は、ますます加害者になります。
日本でテロが起こる危険性も、高くなります。
テロに対して、武力では解決しないことは明らかです。
今、日本人の私たちがやるべきことは、憲法9条を守って、集団的自衛権の行使を許さないこと、対話の力をつけていくことだと思います。

高遠さんのエネルギーや行動力には、感心し、叱咤激励してもらったような気がします。
私も、真実を見極める努力をし、学んだことを周りに広げていきたいと思いながら、これを書いています。
下の写真は、一緒に参加した次男に、撮ってもらったものです。
f0097539_21275950.jpg

当日の参加者は、約60名で、会員が新たに3名増えました。
イラク支援カンパは、37950円でした。
カンパは、郵便口座への振り込みも可能です。
f0097539_21263133.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2014-09-20 19:34 | 日々の生活 | Comments(4)
Commented by ねこじゃらし at 2014-09-20 22:15 x
いろいろ勉強しようと思い、やれることをやっているつもりですが、知らないことが多いですね。知ることから始めることでしょうか。
今の政権の危険性・政権に対する危機感をまわりの人と共有することの大事さを強く感じるこの頃です。
勉強して、生徒にも伝えていけたらと思います。
Commented by fuji2213 at 2014-09-21 10:27
本当に知らないことが多いと実感しました。
私たち一人一人のできることは限られているけれど、まず知って、知ったことを伝えていきたいですよね。
Commented by 春於 at 2014-10-04 23:55 x
高遠さんの存在は、数年前、人質事件に巻き込まれて報道されて、それで私は知ったのですが、
その後は忘れていました。ヨーコさんのこの記事で思い出しました。
今度、郵便局に言ったら、カンパに額は多くはないのだけれども…振り込みたい、と思っております。

高遠さんたちのように、危険な現地で、国籍等にこだわらず働かれている姿勢は、尊敬できる。日本にいる私たちがサポートすべき人たちの一人だ、と思っております。

でも、なんかよくわからないけれども、さっき、ネットで、高遠さんについて調べたら、口汚くののしられているんですよね…。バッシングする人たちは、政治的立場とかが気になるのかな?よくわかんないけれど。
実際に、現地の平和や命ためにほとんど丸腰で働いている人たちについては、称えろとまでは要求しなくても、批判はあってもそれなりの良い評価も同時に差し出していいのだと私は思うのだけれども…。
バッシングを読んで少し悲しくなっている私でした。まあ、世の中いろんな人がいるんですよね、いろんな人がいていいんですよね、そう思って、ひらきなおろう。
長いコメント、失礼しました。
Commented by fuji2213 at 2014-10-05 14:42
春於さん、コメントありがとうございます。
うれしかったです。
高遠さんは、日本政府が支持するアメリカ軍の攻撃で苦しむ人々のことを、自分の責任のようにも感じながら、命がけで支援しています。
そして、現地の様子を知らせてくれています。
とても立派で、ありがたいことだと思います。
バッシングをする人がいるのは、悲しいけれど、決して多くはないと思います。
彼女の活動を知れば、多くの人が、私や春於さんのように感じるのではないかしら。
<< 大変な難産 この夏のお客様 >>