メルシー、アリス

6月27日から、3週間いてくれた、フランス人ウーファーのアリスを一昨日、八雲駅まで送って行きました。
18日は、2番草のラッピングを手伝ってもらいました。
旱魃で、ほんの少ししかできませんでした。
早く終わったので、アリスは、ニャンタの絵やフランス語で「ありがとう」と、書いてくれました。
f0097539_2023223.jpg

日本語で、政治や文化、農業や教育のことなど、いっぱい話しました。
フランスと日本をつなぐ橋となるような仕事をしたいそうです。
有機農業や教育に関係のある仕事で。
きっとこれからも、いろいろ学び、チャレンジして、自分のやりたいことを明確にして、実現していくのだろうと思います。
[PR]
by fuji2213 | 2014-07-22 20:10 | 日々の生活 | Comments(1)
Commented at 2014-08-06 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 忙しい夏 例年より早く二番草スタート >>