ハプニング続きの長い1日

昨日は、3カ所目の牧草地の、収穫作業仕上げの日でした。
朝の牛舎仕事を私が一人でやっている間に、夫が牧草を集めに行き、戻ったところで、一緒に朝食。
その後、夫は、ロールにする作業をしに行きました。
11時くらいに戻る予定が、機械の調子がよくなかったのと、予想より、量が多かったということで、12時になり、短時間で昼食をとり、次のロールを運ぶ作業に一緒にとりかかりました。
この時点では、友人のMさんが、ラッピングを手伝ってくれることになっていたので、夜7時くらいには、終わると思っていました。
ところが、その後、トラックのタイヤがパンク。
スタンドに行って、修理をしてもらえたものの、いつもの搾乳作業に、まだロールの運搬が終わっていませんでした。
牧草収穫作業をMさんに手伝ってもらって、私が一人で搾乳をしようとしたら、分娩前のテラミスの姿が見えません。
放牧地を捜したら、テラミスの横に、子牛が横たわっていました。
残念ながら、死産だったようです。
テラミスは、元気でしたが、子牛を産んだ場所から離れず、牛舎に戻すことができませんでした。
その後搾乳作業をし、ラッピング。
Mさんが私の搾乳中にラッピングを手伝ってくれたので、夜11時前に、仕事が終わり、それから夕食でした。

放牧地に残したテラミスが心配でしたが、今日も元気に草を食べ、私が写真を撮ろうとしたら、逃げて行きました。
f0097539_21474635.jpg

夕方は、ちゃんと牛舎に戻って、搾乳できました。

まだまだ続く牧草収穫作業。
私は体力がなくて、乗り切る自信がないため、来週後半から、神戸大学の学生さんに、手伝いに来てもらうことにしました。
友人のMさん、学生を紹介してくれたFくんに、感謝、感謝です。
[PR]
by fuji2213 | 2014-06-07 21:19 | 酪農業について | Comments(0)
<< 台所でストリングチーズ作り 農業雑誌に投稿が載りました >>