移住まる10年

今日は、私達がこの地に移住した記念日です。
ちょうど10年。
いろいろありましたが、私はここに来て、本当に良かったと思っています。
ここの自然も、地元の食べ物も、気に入っています。
何より、素敵な人がたくさんいて、そのつながりをありがたいと感謝しています。

記念日の今日、私は、仕事をせずに、一人で実家に里帰り。
父と一緒に、ゆったりした時間を過ごさせてもらいました。
姉の孫たちも、かわいかったです。
家に帰ると、女子大生ウーファーの、ともかちゃんが、三色どんぶりと、だご汁を作ってくれていました。
f0097539_20595448.jpg

美味しかったです。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-03-20 20:38 | Comments(0)

2月末から4頭分娩

今日初めてお会いした方が、このブログを見てくれていると知り、記事を書く気になりました。
うちは、牛が19頭という小規模酪農なので、分娩も、1ヶ月平均1,5頭にもならないくらいです。
それが、この半月で4頭分娩しました。
テクテクが、女の子を産んだことは、以前書きましたが、その後、2月29日に、ハルちゃんが、朝の牛舎仕事中に、男の子を産みました。
この太郎は、今日肉牛農家へ売りました。
次は、3月4日にMJが、予定日より1週間以上早く双子を分娩。
朝牛舎に行くと、残念ながら、2頭とも死んでいた上に、MJも、立てなくなっていました。
MJは、獣医さんに注射を打ってもらい、寝返りをさせていたら、その日のうちに立てるようになりましたが、夜中に夫が見に行くと、またおかしな態勢で動けなくなっていて、直してやりました。
それから、毎晩、交代で、夜中も牛舎に、牛を見に行き、8日の午前中、シオサイが、男の子を分娩。
写真は、その子、次郎です。
f0097539_14501272.jpg

分娩があると、バケットでの搾乳、哺乳もあります。
太郎と次郎は、同じところに入れていたので、大変でした。
でも、この1週間は、長男が手伝ってくれて、今晩から、日本の女子大生ウーファーさんが、来てくれます。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-03-11 14:49 | Comments(2)

ごっご汁を作って食べて、その後勉強会

19日から来てくれている、タイ人女性ウーファーのプレイと、ごっご汁を作って食べる会、に参加しました。
f0097539_15390667.jpg

ごっごというのは、ホテイウオという魚で、私は、ここに来るまで、食べたことがありませんでした。
何度かごちそうしてくれた方に、昨日、作り方を教えていただきました。
f0097539_15390802.jpg

今度、家でも、作ってみます。
ごっご汁を食べたあとは、4月に上映する映画のチラシ作り。
f0097539_15391066.jpg

それから、プレイは、初めての温泉入浴タイム。
私達は、町議会主催の、安保法制と秘密保護法の勉強会。
f0097539_15391242.jpg

始まるまえに、会場ロビーで、署名も集めました。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-02-25 15:22 | Comments(0)

1月後半の出来事

1月中旬に、お世話になっている酪農家Tさんが、離農することを決めました。
そして、1週間もたたないうちに、Tさんは、救急車で運ばれ、入院しました。
私たちは、分娩が近い牛を二頭、買わせていただきました。
「オッケー」と「ヒバ」と名付けました。
オッケーは、24日の早朝に、子宮捻転という難産で、獣医さんをよんで、みんなで治そうとしましたができず、牛舎で緊急手術となりました。
子牛はダメでしたが、オッケーはきっと大丈夫だと思っていました。
翌日、Tさんの家に行って、Tさんの容態を聞くと、かなり悪くなって、前日には、危篤状態にまでなったとのこと。
帰りの車で、涙が止まりませんでした。
そして、オッケーも、なかなか回復せず、つらい日々を過ごし、29日、Tさんが亡くなったという知らせがありました。
Tさんの存在は、あまりにも大きく、寂しくてたまりませんでした。
30日、ヒバは、夕方の牛舎仕事中の安産で、女の子を産んでくれました。
「スギ」と名付けました。
写真は、スギと遊びたがっているクッキーです。
f0097539_22023740.jpg

連日獣医さんに診療してもらっていたオッケーも、少しずつ回復し、昨日で診療が終わりました。
私の気持ちも少し落ち着き、10年間Tさんに支えてもらい、近くで学ばせてもらえたことが、大変ありがたいことなのだと、今は、感謝の気持ちでいっぱいです。

[PR]
# by fuji2213 | 2016-02-02 21:28 | Comments(0)

天国にいったペーターからの贈り物

1月2日に産まれた山羊の赤ちゃん、ペーターは、1週間で、この世を去ってしまいました。
9日に帰って来た長男は、かわいい姿を見ることができず、残念がっていました。
でも、山羊の乳を搾ってみることにしました。
f0097539_20455457.jpg

今までは、全然搾れなかったのですが、子やぎが飲んでいないのと、二人がかりでやってみたことで、300mlくらい搾ることができました。
長男は、きついアトピーで、牛乳を飲むことができません。
久しぶりの乳製品、どうしようかと、考える姿を見て、私もうれしくなりました。
私が作って食べている、カスピ海ヨーグルトが、体にいいということで、彼は、豆乳を使って、ヨーグルトを作っていました。
それが成功しただけでもすごいと、感心していたのですが、彼は、そこから、山羊乳ヨーグルトを作りました。
家に帰るとアトピーが悪化すると、言っていた時もありましたが、今は調子がいいようです。

[PR]
# by fuji2213 | 2016-01-14 20:27 | Comments(0)

今年最初の9の日行動

f0097539_21455529.jpg

本日、瀬棚で、戦争法廃止をめざす、署名宣伝行動を行いました。
2000万署名の新しい横断幕とのぼり、それから、せたな9条の会ののぼりも、デビューしました。
参加者は、町議会議長の菅原さんを含め、9名でした。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-01-09 21:08 | Comments(0)

久しぶりの分娩

うちの牧場は、親牛が15頭しかいない上に、繁殖も悪かったので、しばらく分娩がありませんでした。
久しぶりの分娩は、11日。
レンコンチッチが、女の子を産みました。
f0097539_20330578.jpg

名前は、5回目のファームスティに来ていたMちゃんが、今月の始めに、考えていました。
「トロロ」と「タンザク」という双子の名前を考えていましたが、一頭だったので、「トロロ」です。
Mちゃんは、「コヨリ」「テクテク」「ヤミー」の名付け親でもあり、数少ないうちの牛4頭の名付け親となりました。

私は、昨日から、レンコンチッチの初乳で、牛乳豆腐を作っています。
近所で酪農をしていたところが、みんなやめて、今はうちだけなので、私が牛乳豆腐を作って届けると、大変喜ばれます。
私が作っていないお米や野菜など、いろいろ、いただきました。
[PR]
# by fuji2213 | 2015-12-16 20:07 | Comments(0)

牛舎猫にゃんちゅう

f0097539_22100657.jpg

10月中旬に、突然現れた子猫たち。
その中の一匹だけ残され、今、うちの牛舎猫になりました。
f0097539_22100863.jpg

名前は、にゃんちゅう。
ネズミのように、ちょろちょろ動きまわり、私達に触らせてはくれませんが、子牛には、なめられています。
[PR]
# by fuji2213 | 2015-12-11 22:05 | Comments(0)

2016年のお正月

明けましておめでとうございます。
今年は、初めて、夫婦二人だけの年越し、お正月を過ごしました。

2日、山羊の赤ちゃんが生まれました。
写真は、今日、撮ったものです。
f0097539_20154412.jpg


読んだ本は、「原発をとめるアジアの人びと」
日本が原発を輸出しようとしている、インド、トルコ、ベトナムや、インドネシア、台湾、フィリピン、タイ、韓国で、何が起きているのか、すべての場所で、人々が立ち上がり、原発を止めるために闘っていることがわかり、考えさせられ、勇気づけられました。
f0097539_20154658.jpg


新聞も、例年より、丁寧に読みました。
岐路の年です。
明るい未来につながる、良い年になるように、できることをやっていきたいと、思います。
[PR]
# by fuji2213 | 2015-12-11 22:05 | Comments(2)

2泊3日で、熱海、北鎌倉へ

22日から、3日間、酪農ヘルパーさんに、仕事を頼んで、夫と二人で、出かけました。
熱海で、夫の親戚が集まることになり、息子たちも、名古屋と東京から、熱海に来ました。
家族が揃ったのは、お正月以来で、夫の叔父さん叔母さんには、17年ぶりに、お会いしました。
息子たちは、今度の年末年始には帰省をしないそうですが、それでもいいや、と思うことができました。
次男とは、23日も一緒に、北鎌倉と横浜中華街へ行きました。
f0097539_21043901.jpg

f0097539_21044104.jpg

写真は、円覚寺と葉祥明美術館。
葉祥明は、私が高校生の頃に好きだった画家で、大阪で一緒に働いていた仲間が、退職時に寄せ書きつきでプレゼントしてくれたのも、彼の本でした。
24日は、北海道が雪で、帰って来るのに時間がかかりましたが、2泊3日、懐かしく、ゆったりした気持ちになれる旅でした。

[PR]
# by fuji2213 | 2015-11-27 20:41 | Comments(0)