台風10号

今年の北海道は、例年になく、台風が上陸し、各地で被害が出ています。
私の住んでいるところでは、一昨日の夜に、台風10号が直撃し、暴風で、あちこちの木が倒れたり、倉庫や牛舎の屋根が飛ばされる被害がありました。

うちでは、一昨日の夜から昨日の夕方まで、停電となり、昨日の朝5時は、水も出ませんでした。
前日に、水をくんでおかなかったことを悔やみましたが、育成舎の仕事をしているうちに、水は出るようになりました。
停電で、一番困るのは、搾乳ができないことです。
夫が、あちこち連絡をとって、発電機を借りてきて、搾乳が終わったのは、昼過ぎでした。
f0097539_14490762.jpg

その後、他の牧場に、発電機を運んで、接続しようとしているときに、復旧しました。
発電機を接続したとき、バーンクリーナーが、逆回りをして、壊れてしまい、その修理ができていないので、夫は、一輪車に糞尿を積んで、捨てています。

JRも運休しています。
昨日まで来ていたフランス人のウ-ファーさんは、どうしても、昨日の飛行機に乗りたいということで、長男に頼んで、途中まで送ってもらいました。結局、長男がヒッチハイクをして、空港まで行く車に、彼女を乗せてあげたそうです。
今日から、酪農体験に来る、大学生は、もうすぐ到着予定でしたが、特急が運休のため、各駅停車の汽車を乗り継いで、こちらへ向かっています。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-09-01 14:18 | Comments(4)

生後11日目の子やぎ

よく遊び、よく眠っています。
お母さんのおっぱいを飲み、草もかじっています。
何をしてても、可愛いです。
f0097539_16093029.jpg

f0097539_16093258.jpg

f0097539_16093420.jpg

f0097539_16093631.jpg

[PR]
# by fuji2213 | 2016-08-05 16:05 | Comments(0)

黒にんにくを作りました

f0097539_14130790.jpg

ちょっと高いけど、購入して、食べると、フルーツのように甘く美味しい黒にんにく。
栄養もあるので、毎日食べようと、手作りに挑戦しました。
1回目は、炊飯器の保温で、2週間かけて、失敗。
f0097539_14130879.jpg

かたくて、食べることができませんでした。
2回目は、一晩酢につけて、10日間で完成。
自家製にんにくを使ったので、小さいですが、手作り黒にんにくが、できました。

今年は、自家製ハスカップとグミで、酵母起こしをして、天然酵母パンを焼いています。
f0097539_14130952.jpg

[PR]
# by fuji2213 | 2016-08-01 14:02 | Comments(0)

出会いと別れ、再会、新たな命の誕生

7月10日から2週間、シンガポール人女性のウーファーさんが、来ていました。
途中で、彼女のスイス人の友人が、1泊2日、自転車でやってきて、いろいろ話して、楽しい時間を過ごしました。
f0097539_16080134.jpg

二人で、薪の移動もしてくれました。
その後、以前、高校の実習で来た若者が、自転車の旅の途中に、寄ってくれました。
f0097539_16080271.jpg

昨日から、夫の従兄弟の娘さんが、4泊5日のファームスティをしています。
彼女の最初の朝、家の横で、山羊の赤ちゃんが、産まれました。
f0097539_16080491.jpg

[PR]
# by fuji2213 | 2016-07-26 15:53 | Comments(0)

6月最後の1週間

一番牧草収穫の忙しい季節。
分娩が2頭ありました。
まず、サトイモチッチが、女の子を出産。
「ジネンジョ」と名付けました。
f0097539_20550355.jpg

それから、ナデシコが6回目の分娩。
こちらは、オスでしたが、母子ともに元気です。
分娩は、7月中旬までに、あと3頭です。

29日は、9条の会で、「9条守ろう」「選挙に行こう」「アベ政治は許さない」の宣伝行動。
f0097539_20550528.jpg

初めて参加してくれた人が5名もいて、10名で、アピールしました。
使いたかったポスターは、自分で準備できず、家に帰ってから、夫が印刷してくれました。
f0097539_20550726.jpg

次回9日は、これを持って行きます。

牧草収穫の方は、昨日、雨の予報を見て、今日までかけて仕上げる予定だったところも、一気にやりました。
終了したのは、12時をまわっていました。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-07-01 20:35 | Comments(0)

草が伸びる季節

牧草収穫をしたいのに、天気の良くない日が続いています。
家の周りの雑草は、今年も、山羊たちが、たくさん食べてくれています。
f0097539_09263063.jpg

f0097539_09263140.jpg


それでも、まだまだ、雑草だらけです。
天気が悪いと、野菜畑の仕事も、気が乗らず、畑も、雑草がいっぱいです。

今の私は、7月10日投票の参議院選挙が、気になって、毎日少しずつですが、自分にできることを考えて、動いています。
憲法が変えられ、日本が戦争をする国になるのは、絶対に嫌なのです。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-06-16 09:07 | Comments(0)

牧草収穫スタート

27日から始めた今年の牧草収穫作業。
f0097539_20525519.jpg

f0097539_20525762.jpg

27日は、よい天気で、私も半日トラクターに乗って、草を広げて乾かす作業をしました。
29日に完成させる予定が、28日に雨が降って、濡らしてしまいました。
今日が仕上げとなり、朝の牛舎仕事は、私一人でやり、夫はロールにする作業をして、遅い朝食の後、二人で運びました。
f0097539_20525911.jpg

f0097539_20530183.jpg

運び終わってから、屋久島に行っていた長男をバスターミナルまで迎えに行き、ラッピングは長男に手伝ってもらい、36個完成しました。
失業中の長男が、今年の一番草収穫の時期は、家にいて、手伝ってくれることになっていて、心強いです。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-05-30 20:26 | Comments(0)

ルイーズ、3回目のファームスティ

5月1日から5日まで、イギリス人女性ルイーズが、来ていました。
彼女は、3年前の6月に、初めてのwwoof、2年前の4月に、最後のwwoofをうちでして、イギリスに帰り、今回が3回目のファームスティでした。
日本語が、とても上手になっていました。
そして、絵も上手です。
f0097539_20422074.jpg

彼女が、うちで描いた絵です。
私には、実の娘はいませんが、娘のように甘えてくれるかわいい女性が、何人かいます。
ルイーズもその一人です。
北海道の家に、また来てくれるのを楽しみにしています。
明後日は、母の日ですが、イギリスでは、母の日に、水仙を贈るのだと、教えてくれました。
今、うちの敷地内には、水仙がいっぱい咲いています。
f0097539_20422449.jpg

[PR]
# by fuji2213 | 2016-05-06 20:19 | Comments(0)

牧場の春

昨日から、放牧を始めました。
今年は、例年と違い、道路を横断させる放牧地から、使うことにしました。
パドックの門を開けると、牛たちは、ものすごい勢いで道路を走って横断し、放牧地に入り、しばらく走りまわっていました。
f0097539_20395489.jpg

f0097539_20395601.jpg

f0097539_20395866.jpg

今、家の周りには、食べられる食材がいろいろあります。
ミツバ、つくし、行者ニンニク、ヨモギ。
それから、今年は、フキの葉も、初めて食べて、気に入って、何度も料理しています。

牧場の春ということで、今年の大きな出来事は、同じ地域に、新しく酪農を始める方が、来てくれたことです。
一昨日、引っ越して来て、来週から、牛舎に牛を入れて、搾乳を始めます。
私達が、みんなに支えてもらったように、今度は私達も、少しでも、力になれたらいいなと思っています。
[PR]
# by fuji2213 | 2016-04-21 20:07 | Comments(0)

花の精のような女性でした

先月末、大好きな友人がひとり、この世を去りました。
4年前の牧草収穫時に、手伝いに来てくれて、それはそれは、よく気がつき、働いてくれました。
3週間近く一緒に生活しながら、たくさん語り合い、楽しい時を過ごしました。
花が好きな人で、我が家の敷地内に咲いていた、クレマチスを見つけ、教えてくれました。
その後も、私が、来てほしいと連絡すると、すぐ
都合をつけて、来てくれました。
自分を必要とする人のためには、自分のことをおいてでも、手をさしのべる優しい人でした。
2年前の5月に3回目のファームステイで来てくれた時は、花壇に植える花を選んでもらい、シュウメイギクを一緒に植えました。
その年の12月が4回目で、最後になりました。
その時、クロッカスという名前の牛が、病気で、私達と一緒に心配し、つらい思いを共有してくれました。
昨年は、来てもらうことができず、私が出した葉書の返事は、すずらんの絵葉書で、それをずっと飾っています。
f0097539_20595181.jpg

また来てくれて、一緒に笑いあえると信じていたのですが、2月の始めに入院して、そのまま還らぬ人になってしまいました。

一昨日、彼女の家に、お悔やみに行って、お父様から、お話しを聞かせていただきました。
道立病院の対応のひどさに、腹が立ち、悔しくて、悲しくてたまりません。

遺影は、ひまわり畑で笑っている写真。
素敵な彼女の人柄が表れていました。
家の玄関横には、白いクロッカスが一輪咲いていました。
f0097539_20595307.jpg

[PR]
# by fuji2213 | 2016-04-08 21:46 | Comments(0)