<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寝室の床を改築中

寝室の床がへこんでいたので、カーペットをはがし、畳もはがしてみました。
昭和44年の新聞紙がしかれていました。
その下は、次のような状態で、夫が板をはがしていきました。
f0097539_14481889.jpg

板の下、土台がもう腐っていて、全部はがしていくことにしました。
f0097539_1451833.jpg

f0097539_1454852.jpg

床下に雨水が流れていることがわかりました。
このような大工仕事は、初めての夫が、頑張っているので、私は、昼間の牛の世話を一人でやっています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-27 14:39 | 日々の生活 | Comments(0)

変わった天ぷら

f0097539_2103277.jpg

今日は3種類の天ぷらを作りました。
ピーマンの他は初めて作ったものです。
一つはキクイモ、もう一つはビスケットの天ぷらです。
いつもお世話になっている方に、ビスケットの天ぷらのことを聞いた時は、ちょっとおどろきましたが、なかなか美味しいものです。
菊芋もビスケットも、また天ぷらにして食べたいと思いました。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-24 20:55 | 日々の生活 | Comments(0)

私の10年史

f0097539_15254020.jpg

今から14年前の秋に、生協で購入した10年間日記帳。
手にした時から使いたくなって、1996年の11月22日から、書き始めました。
1997年の5月17日まで毎日書いていましたが、それからしばらく育児日記というか、子育て記録をくわしく書くことにしたので、違うノートを使いました。
そして、2002年の5月18日から、またこの日記帳を使って、昨日11月21日に、使い終わりました。
足かけ14年日記帳です。
f0097539_1526287.jpg

1ページに、10年分の記録が書かれ、何年か前の今頃は何をして、何を思っていたのかが、すぐわかります。
でも正直なところ、ここ1、2年は、何日分もまとめて書いたり、何も書けずに空欄だったりすることもあり、もう10年日記帳はやめることにしました。
その分、ブログ記事をたくさん書こうと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-22 15:26 | 日々の生活 | Comments(0)

ポロタンという栗

今日は、日中も氷点下の真冬日でした。
風も強く、吹雪で、気が滅入りそうになりながら、少しでも楽しく感じられることをしようと思い、ポロタンという種類の栗を焼きました。
この栗は、皮が簡単にむける種類で、4年前に、義兄に教えてもらい、植樹し、昨年から少しずつ実を食べることができています。
今年は、8個でしたが、皮に切り目を入れて、トースターで15分焼いたら、おもしろいくらい簡単にきれいに、ポロッと皮がむけました。
f0097539_20461010.jpg

焼き栗、おいしかったです。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-21 20:47 | 日々の生活 | Comments(0)

冬が来て、我が家の小動物たちの様子

今朝外は雪景色。
搾乳を終えてから、写真を撮りました。
f0097539_2151793.jpg

クッキーは、いつものとおり、元気いっぱいです。
f0097539_2153552.jpg

チャトランは、牛舎の中の温かい場所に座って、寝ていました。
f0097539_2155197.jpg

おチビちゃんも、ニワトリ小屋から牛舎に連れてきました。
f0097539_2165100.jpg

育成舎に仕事に行くときは、おチビちゃんを連れて行きます。
おチビちゃんを見ながらの仕事は、今までより、楽しいです。
今日は育成舎の後、草も食べることができ、倉庫にも入れる場所に、つないでやりました。
ニワトリたちも、今いる6羽はとても元気で、今日もタマゴが6個ありました。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-16 21:08 | 家族の様子 | Comments(0)

「ベランダ菜園セラピー」と、菊芋その2

f0097539_14444037.jpg

大学時代の友人が、ベランダ菜園家として出版した本を、先日購入して、読みました。
ベランダ菜園をやり、「大好き☆ベランダ菜園」というブログ(1日アクセス数10000件以上の大人気ブログ)をやり、人生が変わった様子が書かれています。
野菜の育て方や、おいしく食べるヒントも、きれいな写真付きで書かれていて、とても素敵な本です。
共感するところもたくさんあると同時に、大変刺激になりました。
私ももっと家庭菜園に取り組みたいという意欲が湧き、ブログの更新ももっとマメにやっていきたいとも、思いました。

そんな感想を彼女にメールで伝えたところ、「菊芋」のことを書いた返信メールが届きました。
彼女はプランターで菊芋を育てていて、先週雑誌の取材を受けたそうです。
なんでも菊芋は、放射能を吸収しないお野菜ということで、「女性自身」が「親子で菊芋を育てよう」という企画をされているとか。
それを知って、昨日私は、まだ家のまわりに残っていた菊芋を掘りました。
f0097539_14454493.jpg

今日は、電子レンジで、菊芋チップスを作りました。
前回よりおいしくできました。
めんつゆ漬けも、私は気に入っています。
今度、ポタージュスープも作ってみようかなと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-14 14:46 | 日々の生活 | Comments(0)

菊芋

昨年(ここに住んで5年目)家の近くに、菊芋がたくさんあることを知りました。
自然に生えている背の高い植物で、黄色い花が咲き、秋にイモが採れるのです。
下の写真が、収穫前の植物と、掘ったときのイモの状態です。
f0097539_2046439.jpg

f0097539_20462768.jpg

ブタイモという人もいて、食糧難の時によく食べたとか。
インターネットで調べると、糖分がなく、繊維質で、健康によいとかで、料理のレシピもいろいろあったので、たくさん収穫しました。
甘酢漬け、醤油漬け、まずまずでした。
ベーコンと一緒に炒め物、これはもうひとつ。
冷蔵庫には、みそ漬けと、めんつゆ漬けもあります。
今日は、菊芋チップスを作ってみました。
f0097539_2047823.jpg

作り方次第で、美味しく食べられるとわかり、いろいろ試してみようと思っています。

今後世界的に食糧難の時代がやってくると言われています。
私は、ここに住んでいたら、飢えることはないと言えます。
でも、日本の食糧自給率がさらに下がっていけば、多くの国民にとって、大変なことになるでしょう。
首相がTPP交渉に参加表明しましたが、私はあきらめたくありません。
TPPへの日本の参加を阻止するために、できることをしたいと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-12 20:51 | 日々の生活 | Comments(0)

書かずにいられないTPP問題

明日には、首相が参加表明をしてしまいそうな報道がされて、もうどうすることもできないような気がしていましたが、昨日義兄が、メールで、TPPの問題点をわかりやすくまとめているサイトを紹介してくれました。
「うっしっし応援していますので、TPPの愚かさをどんどん発信してください。」と書かれていましたので、転載します。

3編に分かれています。
・「TPP」とは一体何か?国家戦略室の資料を読めば問題点がわかる
http://gigazine.net/news/20111104_tpp/

・アメリカで「TPP」を推進して米政府を操る黒幕たちの正体
http://gigazine.net/news/20111104_tpp_mastermind/

・TPPは全世界で反対されている、自由貿易ではなく公正貿易が必要
http://gigazine.net/news/20111105_tpp_trade/

私が、最近ネットで見て、恐ろしく感じたのは、元米農務次官の発言です。
f0097539_2156465.jpg

「食糧はアメリカが持つ外交上の強力な手段です。
とりわけ食料を自給できない日本には有効です。
日本に脅威を与えたいのなら、穀物の輸出を止めればいいのです。
もちろん、それはあってはならないことです。
しかし、何か事態が悪化して、そうせざるを得なくなったら、日本は酷いことになるでしょう。
日本は自国の農業だけで国民を養うことができないのですから」。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-10 22:00 | 日々の生活 | Comments(2)

長男からのメールより

アメリカに留学している長男に、夫が様子を尋ねるメールをしたところ、しっかり学んでいる様子がわかる返信メールがありました。
その一部を紹介します。

「今週はレポートが一つと中レポートが一つと小レポートが一つとテストが一回ありました。
とっている授業が三つなのにへんな話ですね。
先週もこんな感じでしたが、来週はレポートが一つあるだけです。
しかし、授業は面白いです。」
「順序よく体系的に映像資料やディスカッションを駆使して進んでいきます。
そのおかげでネイティブアメリカンのこと色々知りました。
現在、多くのインディアンがアルコール依存症になっているのは、
特に彼らがアルコールが好きなわけではなく、
彼らの伝統的な暮らしが失われ、文化が変わってしまったからです。
西洋人はインディアンの肉となり、衣となり、あるいは聖なるお守りとなったバッファローを見境も無く狩り、
彼らの子供を無理やり親元から引き離して寄宿学校にいれ、
豊かな土地との結び付きのあった言語を禁止し、英語を教えました。
彼らは差別され、職もないなかで、金と引き換えに自らの土地に放射性廃棄物を受け入れました。
崩壊したアイデンティティの中で気を紛らわせるために、アルコールを流しこむのです。
肥満になって、自殺するのです。
なんだか今回のTPPのことと重ねてみてしまいます。
文化とは土地と結びついたものなのです。
土地と結びついていない文化を受け入れてはなりません。」

私は今、TPPについて、書きたいことがいっぱいあるのですが、長くなるので、夫がfacebookでシェアした写真を載せます。
f0097539_2022197.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-11-05 20:22 | 家族の様子 | Comments(0)

実家に里帰り

昨日、朝晩酪農ヘルパーさんに仕事をまかせ、一年ぶりに、実家に帰ってきました。
夫の運転する車で、日帰りで。
昼前に到着し、父と一緒に、ラーメンを食べに行き、しばらく家でゆっくりおしゃべりをして、それから、道の駅にもなっている「四季の館」という町の施設に行きました。
そこには、この町出身で、昨年ノーベル賞を受賞した、鈴木章氏の記念館ができていました。
f0097539_226615.jpg

また、町の文化祭の展示会場もあり、生け花や押し花画などを見ました。
そこで、年配の女性に「もしかして、よーちゃん?」と声をかけられました。
彼女は、よく一緒に遊でいた友達のお母さんだと、その時すぐわかりました。
次男が産まれた時に、友達も里帰り出産をしていて、その時遊びに行ったのが最後なので、18年ぶりです。
とても懐かしく、また、私だとわかって声をかけてくれたのが、うれしかったです。

私たちが留守の間、子ヤギのおチビちゃんは、随分鳴いていたようです。
今日の鳴き声は、かすれているように感じました。
夫は、風邪でもひいたのではないかと言っていましたが、元気に雑草をよく食べていました。
f0097539_227025.jpg

今度はお正月に、もう少しゆっくり帰りたいと思っているのですが、この子や、チャトラン、クッキーがいるので、どうするか、悩みます。
[PR]
by fuji2213 | 2011-11-02 22:12 | 日々の生活 | Comments(2)