<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長男が旅立ち、次男が帰宅、クッキーとチャトランの様子

22日に、7日から帰省していた長男が、屋久島に向かって旅立って行きました。
彼は、大学の仲間と屋久島で過ごした後、北海道には戻らずに、約一年間のアメリカ留学に行く予定です。

翌23日、次男が一人旅から無事帰宅。
家族4人が顔を合わせたのは、17日、余市に出かけて、旅の途中の次男と待ち合わせ、一緒に食事をしたときだけです。
次男は、余市まで来て、そのまま旅を終えるのが惜しくなって、ヒッチハイクでまた北に向かい、宗谷岬まで往復しています。
自転車で北海道を一周して、きつい坂道がいろいろあったけど、最後の我が家への坂道は、かなりきついものだと言っていました。

旅先ではたくさんの人にお世話になっています。
私は次男に「うちの牧場に訪ねてくれたら歓迎します」と、お世話になった人に伝えるように言っていました。
さっそく、次男が出会ったチャリダーが、我が家を訪ねてくるようです。
これから先、ヒッチハイクをしている人を見かけたら、素通りすることができないと思うようになりました。
次男は、31日まで夏休みで、これから学校の宿題をやらなければいけないようです。

この夏、クッキーは、たくさん散歩をしてもらっています。
f0097539_13241043.jpg

今は、日中雨が降っていなければ、家の玄関と牛舎の間につないでいます。
くつろいでいる姿が、よく見えます。

チャトランのアレルギー性皮膚炎は、一番牧草終了後、落ち着いています。
f0097539_1325248.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-08-25 13:25 | 家族の様子 | Comments(2)

梅ジャム

昨日、帰省している長男と一緒に、梅の実を収穫しました。
f0097539_2115634.jpg

これは収穫前に撮った写真。

収穫した梅の実は、その年によって、シロップを作ったり、梅漬けにしたり、梅酒にしたり、楽しみ方を変えています。
毎年ジャムにしているルバーブが、今年は発育が悪くて、まだジャムにしていないので、梅の実約2.3キロ全部をジャムにしました。
北海道にしては、蒸し暑い中、焦がさないように煮詰めるのが、ちょっと大変でした。
ルバーブやイチゴ、リンゴ、ブドウ、コクワ、サクランボのジャムのように、形の残ったブレザーブタイプにできないので。

作りたてのジャムを、夕食後、毎日食べているカスピ海ヨーグルトに入れて食べたら、おいしかったです。
f0097539_2124993.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-08-16 21:03 | 日々の生活 | Comments(0)

初めての難産、子宮捻転

一昨日のことです。
ペペロンチーノのお産が始まりそうで、ウーファーの青年は、仔牛が産まれるところを見て動画にとろうと、何度も牛舎に足を運んでいました。(ダリアが産まれた時は、違う農園に行っていたので、お産の瞬間は見ていないのです)
夜は、漁り火祭りというお祭りがあって、そこに彼を連れて行く予定でしたが、ぺぺのお産は進まず、獣医さんに連絡しました。
私たちにとって、初めての難産です。
獣医さんはすぐ子宮捻転だということがわかり、獣医さんの手だけで直せる状態ではなかったので、牛を倒し、私が首を押さえ、夫とウーファーの青年が、牛の足を上にしてゆすりながら、獣医さんに直してもらいました。
その後、仔牛をひっぱり出しましたが、残念ながら死産でした。
仔牛は足に奇形も見られ、産まれて生きていける状態ではなかったようです。
ペペロンチーノは、お産の後、相当疲れた様子で、座っていました。
f0097539_2142611.jpg

心配しましたが、翌朝には元気に立って、草を食べていました。

私たちは、ウーファーの青年がいてくれて、本当に助かりました。
漁り火祭りに連れて行くこともできず、自然分娩の瞬間や仔牛が立つ様子を見てもらうこともできなかったのが、残念ですが・・。
今日は彼が帰る日で、彼を駅まで送って行きました。
「一番印象に残っていることは?」と聞くと、「今そう聞かれると、あのお産かな」と言っていました。
[PR]
by fuji2213 | 2011-08-08 21:08 | 酪農業について | Comments(0)

今日は次男の誕生日

次男の誕生日は学校の夏休み中です。
小学生の低学年か、もっと幼かった頃、誕生日に私が仕事に出かけるのを嫌がりました。
お祝いをその日にできないから、次の日にしようと言った時も、嫌がりました。
それが、昨年は大雪山に登山にでかけ、今年は自転車の旅の途中で、誕生日を迎えています。
息子のブログには、いろいろな方が応援メッセージコメントをしてくれて、その中には、このブログを読んでくれている獣医さんまでいて、とってもありがたく思います。
多くの人に支えられ、たくましく旅をしている次男。
本人に食べさせられないけど、チーズケーキを焼いて、ウーファーの青年と祝うことにします。
f0097539_11315646.jpg

彼がいてくれて、私の寂しさが紛らわされています。(二番草の収穫時にケーキを焼く余裕ができたのも彼のおかげ)
冬もウーファーを受け入れることにしました。
[PR]
by fuji2213 | 2011-08-04 11:32 | 家族の様子 | Comments(0)