<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

次男が北海道一周自転車の旅に出発

昨日の朝、クロッカスが4回目のお産をしました。
f0097539_13544963.jpg

メスで、名前は、大阪から酪農体験に来ている(二泊三日で今日帰りました)女子大生につけてもらいました。
「ダリア」です。

お産でバタバタしている中、次男は、北海道一周自転車の旅に出発しました。
f0097539_1355344.jpg

前日、部屋に用意していた荷物はかなり多く、リュックは、12キロくらいはありました。
f0097539_13562195.jpg

たくさん荷物を持って出かけたのに、重要なもの(テントの骨組)を忘れていたようです。
彼が始めたブログ俺とチャリの北海道旅行記を読んでわかりました。

彼が書いているように、道南を先にまわるルートにしたのが正解で、忘れ物を取りに、今日学校の寮に寄るそうです。
[PR]
by fuji2213 | 2011-07-30 13:57 | 家族の様子 | Comments(7)

私はカメラマン

二番草の収穫を行っています。
二回仕上げましたが、二回目に仕上げたところは、雨でぬかるみがひどく、トラクターが入れない部分が例年より広くありました。
刈ることはできても、その後トラクターで入るのをやめたところもあり、その部分の刈った草は、トラクターが入って広げるところに、フォークで運びました。
夫とウーファーの青年と私の3人でやりましたが、私はすぐ疲れて、カメラマンになりました。
f0097539_1156406.jpg

f0097539_11583178.jpg

育成牛の移動もやりましたが、私は写真を撮っていました。
下の写真は、モナカを育成舎から親牛舎に移動しているところです。
f0097539_11585752.jpg

f0097539_11591529.jpg

次は、あっちゃんを牛舎に移動にしているところです。
f0097539_11593489.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-07-26 11:59 | 酪農業について | Comments(1)

仔牛がいっぱい

今月9日に、エビセンがメスを出産。
「カキピー」と名付けました。

今月は出産が続き、次は、おキヨちゃん。
必ず牛舎で産ませようと、一頭だけ残しておくと、「外に出たい」と、ボーボー大きな声で吠えていました。
まるでお産をしたときのように、吠えるのですが、予定日の12日を過ぎても産みません。
昨日の朝も吠えていて、また同じように、お産はまだで、「外で産みたい」と言っているのかと思ったら、牛舎の通路に、おキヨちゃんの産んだ仔牛がいました。
夫は、「オオカミ少年」ならぬ「オオカミ雌牛」だと言っていましたが、ありがたいことに、今度もメス。
「アツコ」という名前にして、「あっちゃん」と呼んでいます。
夜中に夫が見に行った時には、まだ産みそうになかったので、本当に安産で、ラッキーなお産でした。
下の写真は、おキヨちゃんが、あっちゃんを舐めているところです。
f0097539_15542827.jpg

今牛舎には、ジャージーのオス(昨日去勢)ヘルシーと、ホルメスのミミちゃん、それからカキピーがいて、外のハッチに、双子で小さいために予定より長く飼っている太郎と次郎がいて、その隣に、あっちゃんを入れました。
仔牛が多くて大変なところ、ウーファーの青年が世話をしてくれて、助かっています。
彼は、クッキーの散歩も行ってくれています。
f0097539_1554553.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-07-16 15:55 | 酪農業について | Comments(2)

一番草の収穫を終えて

7日に、一番草、終わりました。
今年は、知り合いのお嬢さんにアルバイトとして来てもらい、ラッピングを三回、手伝ってもらい、夜遅くならずにすみました。
大助かりでした。

その後、一番草を収穫したあとの草地を放牧地として広げました。
下の写真は、広げた草地の放牧風景です。
f0097539_2021494.jpg

f0097539_20221437.jpg

上の写真で、遠くに白く写っているのが、今年収穫した一番草(ラップサイレージ)です。
f0097539_20223342.jpg

昨日から、東京の高校生が、ウーファー(第1号)として来てくれています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-07-12 20:22 | 酪農業について | Comments(1)

「大間原発訴訟」の原告に加わることにしました

先月テレビで、大間原発反対で動いている函館の人たちが写っていました。
その中に、見覚えのある方がいて、「中森司」と名前が出て、はっとしました。
私の高校時代の先生です。
連絡をとって、お話ししたいと思いました。

その後、知り合いから「大間原発訴訟」原告2次募集のことを聞き、申込書をいただきました。
f0097539_21425767.jpg

「詳しくは電話でお尋ねください。」と書かれていたので、電話をし、その時、中森先生のことを聞いたら、訴訟の会の副代表をされているとか。
中森先生の電話番号もお聞きし、卒業以来初めてお話することもできました。

この裁判は、次のような点を明らかにして大間原発建設阻止を目指しています。
・世界で初めてのMOX燃料(ウランとプルトニウムの混合燃料)を全炉心で使用することの危険性。
 コントロールが難しく、事故の確率は高くなり、事故の際の被害も拡大。
・大間原発付近の海底に長大な活断層が存在するとの専門家の指摘。火山活動の影響。
・毎秒91tの温排水は海水より7度も高く、海洋の汚染や環境問題が懸念される。

私はたぶん何もできないけど、原告会員として、大間原発訴訟の会に、入会することを決めました。
[PR]
by fuji2213 | 2011-07-06 12:16 | 日々の生活 | Comments(2)