<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジャージー牛の仔牛(オス)

このあたりで、ジャージー牛も飼っている牧場では、オスの仔牛が産まれると、家庭の肉用に育てています。(売れないので)
先月行われた放牧研究会で、2月生まれの仔牛を「誰かもらってください」と言われ、いただくことにしました。
来年の暮れまで、草で育てて、お肉にしていただく予定で、今日、うちの乗用車で、連れてきました。
目と鼻が大きく、ちょっとバンビに似て、かわいい顔をしています。
f0097539_20391919.jpg

名前は「ヘルシー」
ホルスタインより、人なつっこいそうですが、「ヘルシーな肉にする」ということをいつも頭に置いて、育てようと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-03-27 20:40 | 日々の生活 | Comments(2)

牛舎の改築工事 その1

節電の努力があちこちで行われていますが、うちの牧場では、秋から業者に依頼していた、牛舎の改築工事が始まりました。
搾った牛乳を自動的にバルククーラーに入れる「パイプライン」をつけることにしたのです。
今まで、処理室というものがなく、バルククーラーは、牛舎の入り口に、ブロックで二面だけ囲って置いていました。
f0097539_109416.jpg

そこに処理室を作ることにして、バルククーラーを移動し、ブロックやコンクリートをはずして、一昨日の夕方、処理室の土台ができました。
f0097539_1093927.jpg

そして、昨日の夕方には、下の写真のような状態になりました。
f0097539_1010468.jpg

チャトランが楽しそうに歩き回っています。
[PR]
by fuji2213 | 2011-03-26 10:10 | 酪農業について | Comments(4)

春よ来い

東日本大震災から一週間以上が過ぎました。
私たちの住んでいるあたりは、直接被害はありませんでしたが、ニュースを見ながら、被災されている方のつらさ、不安、恐怖などを想像したり、原発のことで腹を立てたりしていました。
一日でも早く、被災された方達が、安心して暮らせるようになってほしいです。
原発による被害は人災です。
政府には責任ある対応をしてもらいたいし、今後原子力施設は作ってほしくありません。

寒さで震えている人たちのためにも、早く春がきてほしいです。
我が家では、しばらく玉子を産んでいなかったニワトリ達が、15日から産み始めました。
今は4羽しかいませんが、昨日も今日も、ニワトリ小屋には、玉子が2個ありました。
楽しそうに走り回るニワトリの姿が見られるようになりました。
f0097539_21162054.jpg

雪解けが少しずつ進み、放牧地の斜面の土が見え始めています。
f0097539_21192472.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-03-19 21:19 | 日々の生活 | Comments(4)

野生のテン

生協の共同購入などで、いつも大変お世話になっているお宅では、家の窓のすぐ近くまで、野生のテンがやってきます。
人間がガラス越しに見ていても、怖がらずエサを食べているということで、先日、その様子を見に行ってきました。
f0097539_20442576.jpg

f0097539_2044559.jpg

テンは、どう猛で、飼っているウサギやニワトリが被害に遭った、という話しをよく聞きますが、冬の毛の色はとても美しく、かわいらしかったです。
[PR]
by fuji2213 | 2011-03-09 20:45 | 北海道の大自然 | Comments(2)

今朝、2頭が分娩

今朝、私より先に牛舎に行った夫が、「仔牛が生まれて、立って歩いている」と私を呼びに来ました。
6日分娩予定のピコポンが、産んでいたのです。
うちの牧場では、今年初めてで、2ヶ月ぶりの分娩です。
仔牛は、3月3日生まれのメスなので、「ミミ」という名前にしました。
f0097539_1531792.jpg

9日分娩予定のブルースも、搾乳中に出産。
こちらは、オスでしたが、仕事中の安産で、ラクでした。

今日は、午後から、町が主催の「地産地消セミナー」の講演を聴きに行く予定でしたが、吹雪の予報が出ていたので、出かけないことにしました。
下の写真は、家の前の道路から、右を向いて撮ったものです。
f0097539_15314437.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2011-03-03 15:32 | 酪農業について | Comments(2)