<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ダンベル体操

私は、もともと腰が悪く、重いものを持ったり、体重が増えたりすると、腰が痛くなります。
ずっと腰に負担をかけないように気をつけてきましたが、今年の春、体重が今までの最高から減らず、初めて本気でダイエットをしようと思いました。
どうせやるなら、筋肉をつけたいと思い、ダンベル体操をすることにしました。
夫に話すと、ずぐインターネットでDVDを見つけてくれて、購入しました。
ダンベルは、2キロのものが家にあったのですが、それではできそうになかったので、1キロのものを購入。
「ダンベル体操をしなかった日は、おやつを食べない」と宣言し、毎日15分、2ヶ月続いています。
f0097539_2119581.jpg

最初の一ヶ月で、約2キロ体重が減って喜んでいたのですが、その後体重は戻ってしまいました。
でも、体脂肪もはかれる体重計を購入し、毎日測って、カレンダーに記入しています。
最近、ダンベルを2キロに変え、ストレッチとダンベル体操で15分やっていたのを、ダンベル体操と腹筋運動で15分やるようにしています。
体重は現状維持でも、少しでも筋肉を増やし、体が思うように動かせるように、毎日15分の運動を続けていこうと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2010-07-27 21:31 | 日々の生活 | Comments(4)

サンダルンとおキヨちゃんのお産

今月の15日が分娩予定日だった牛が2頭いました。
サンダルンとおキヨちゃん。
サンダルンは初産で、17日の朝、搾乳中にお産が始まり、なかなか進まず、朝食後にちょっと介助をして、F1の大きなオスを産みました。
f0097539_21561338.jpg

おキヨちゃんは、21日の夕方、放牧地から帰ってくる牛の中にいなかったので、一番遠い草地(坂の下)でお産をしているのだろうと思い、他の牛を牛舎に入れた後で、夫の運転する車で見に行きました。
思った通り、そこにおキヨちゃんと、そのお乳を飲んでいる様子のかわいい仔牛(メス)がいました。
まず仔牛を車に乗せて牛舎に連れていき、それから私がおキヨちゃんを迎えに行ったのですが、おキヨちゃんは、ちょうど後産を終えたところで、なかなかその場から動こうとしませんでした。
なんとか追って坂の上に上がり、水飲み場まで行ったのですが、突然向きを変えて走り出し、ぐるりと放牧地を回って、またお産をしたところに戻ってしまいました。
そこで自分の後産を食べ始め、全く動こうとしないので、その夜は連れて帰るのをあきらめました。
次の朝には、戻ってきました。
おキヨちゃんの子どもは、お世話になっている伯母が名付け親で、「光子」という名前です。
生まれた日の夜は、冷凍していた他の牛の初乳を飲ませたのですが、元気いっぱい動き回り、次の朝は柵を壊して外に飛び出していました。
写真もブレたものしか撮れませんでした。
f0097539_21583884.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2010-07-23 21:58 | 酪農業について | Comments(2)

大阪からのお客さんと息子たちの夏休み

19日、大阪から、合唱団の仲間が6人、訪ねて来てくれました。
今使っている歌集やオリジナルタオル、CDやDVDのおみやげをたくさん持って。
f0097539_13145142.jpg

夜は、近くの温泉ホテルで、夕食を一緒にいただきました。
歌もうたって、楽しいひとときを過ごしました。
とてもあたたかい送別会をしてもらった4年半前のことが、ついこの間のようだと話しました。

その前日、次男が帰ってきました。
アウトドアクラブに入って、羊蹄山に登ってからの帰省。
来月の初めには、一週間かけて大雪山に遠征に行くそうです。
それ以外の日は、我が家のお隣で、じゃがいも掘りのアルバイト。
さっそく今日から仕事です。
今日うちは二番草の収穫作業で、夫が朝から草を集めるため、次男は5時に起きて、私と二人で搾乳をやり、8時からバイトに行きました。

長男は、大学のある都留市でアルバイトを始め、9月になったら、屋久島に旅行に行き、その後集中講義を受けてから、帰省をするそうです。
[PR]
by fuji2213 | 2010-07-21 13:15 | 家族の様子 | Comments(2)

自転車青年と作ったパンとお菓子

長期滞在で手伝ってくれていた自転車青年は、昨夜のフェリーで、北海道から関東へ旅立って行きました。
彼は、外での仕事を手伝ってくれただけでなく、私と一緒に、一人では作ったことのないパンやお菓子作りもしてくれました。

まず、カレーパン。
これは、写真に残していないのですが、彼が好きだということで作り始めたら、来客があり、カレーパン用に煮詰めたカレーを入れての成形は、彼が一人でやりました。
本格的なカレーパンができ、感動しました。

次に、メロンパン。
一回目は失敗したのですが、その原因を考えて、二回目はうまくできました。
f0097539_21233885.jpg

次回は一人でも作れると思いました。

それから、クロワッサン。
f0097539_2124560.jpg

私は途中で仕事が入り、彼一人でやってもらった部分が多くありました。
クロワッサンとしては成功したとは言えない出来でしたが、また一人で挑戦してみたいと思いました。

そして、イチゴタルト。
f0097539_21251888.jpg

うちの牛乳と玉子を使ったカスタードクリームの上に、うちで収穫したイチゴを並べました。
見た目も味も思っていた以上にうまくでき、毎年イチゴの季節には、一度は作りたいと思いました。
[PR]
by fuji2213 | 2010-07-15 21:27 | 日々の生活 | Comments(3)

今年一番長かった一日

昨日のことです。
朝3時前に、牛の鳴き声で目が覚めました。
まだ暗い放牧地(家の横)に牛を見に行くと、何頭か近づいてきて、それからみんな草を食べ出しました。
遠くに見えた牛も、立って草を食べているようだったので、家に戻って、前日家庭菜園で収穫して置いていた大根菜をゆでたり、かぶの漬け物をつけたりしました。
そして朝の牛舎仕事の時間。
放牧地に牛を迎えに行くと、レンコンチッチの足下に小さな仔牛の姿がありました。
f0097539_20535489.jpg

かわいい女の子で、手伝ってくれている自転車青年と相談し、「MJ」と名付けました。

朝ご飯を食べてから、牧草収穫作業。
午後に雨の予報が出たので、仕上げを予定より早め、私がテッターで草をひっくり返した後から、夫がレーキで集めて、夫はその後ロールにする作業。
夫は昼食休憩も10分ほどで、午後2時から自転車青年にも手伝ってもらってロールを運び、夕方の牛舎仕事までに運び終え、夜11時までかかって、63個のラッピングをやりました。
これで一番草終了。
夕食を兼ねた祝杯をあげたら、日が変わっていました。

自転車青年が大活躍してくれ、大助かりだったのですが、体力のない私は、今日は疲れが出ています。
農協女性部で、手作りみその切り返しをやっていたのですが、休ませてもらいました。
[PR]
by fuji2213 | 2010-07-10 21:01 | 酪農業について | Comments(5)

一番草の収穫終了まであと一歩

前回の記事を書いた後も、天気の関係で、牧草収穫作業がなかなか進まず、苦労しています。
牧草収穫作業をやらない日に、すでに採草した草地(放牧地に隣接している兼用地)を放牧地にするために、電牧の張り替えをしました。
そこで牛たちは、気持ち良さそうに草を食べています。
f0097539_21371985.jpg

牧草は、一昨日と昨日で、一カ所仕上げる予定だったのですが、昨日の夕方トラクターが故障し、今朝修理をして、今日の昼過ぎに仕上げました。
あと一カ所で、終了です。

自転車青年は、牧草アレルギーのようで、作業をした日は、苦しみながら、目薬と鼻の薬を使って、手伝ってくれています。
大変ありがたいことに、14日までうちにいてくれることになりましたが、少しでも早く一番草をやりあげたいと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2010-07-05 21:37 | 酪農業について | Comments(0)