<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トラブル続きの採草作業

f0097539_21224551.jpg

うちから少し離れた借地で、昨日乾草を32個、収穫しました。
刈ったのは24日で、ここも私がテッターで広げていきました。
砂利道から一段低くなっている、もと田んぼの草地で、前後左右みな林に囲まれているように感じる所です。
そして、近くでは、熊の目撃情報もあり、ひとりで作業をするのは、少し怖かったです。

26日にラップで仕上げた草地と、並行して作業を進め、27日に夫がテッターをかけていたら、トラクターの調子が悪くなりました。
応急処置をして、28日レーキで草を集めていると、今度はレーキが壊れ、私がロープを届け、それでしばって作業を続けました。
ロールを作っている時も、トラクターの調子が悪くて、随分時間がかかりました。
そして、29日、できたロールをトラックに載せて運ぶ作業をするときに、ついにトラクターのエンジンがかからなくなったのです。
修理にきてもらい、違うトラクターで作業をすることにしたのですが、私は乗ったことのないトラクターを運転するのが怖くて、動かすことができませんでした。
トラクターの修理が終わるのを待って作業を再開したので、たった32個運ぶのに、一日かかってしまいました。
でも、その後すぐ雨が降ってきたので、雨に濡らさず終了できてよかったです。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-30 21:19 | 酪農業について | Comments(0)

やっと良い天気、いちごも色づく

6月になってから、今週の火曜日まで、ほとんど青空を見ることができませんでした。
牧草収穫が進まず、牧草も畑の作物も育たず、嘆いていましたが、やっと一昨日から良い天気になりました。

いちご畑では、3年間でどんどん増えたいちごが、たくさんの実をつけています。
先週帰宅した次男が食べたがっていたのですが、今年の天気とビニールなしのハウスで、なかなか赤く色づきませんでした。
そのまま腐っていったものもありましたが、やっと昨日一粒収穫しました。
f0097539_2028266.jpg

畑で間引きしたサニーレタスのサラダの横に、一粒のいちごを半分に切って盛りつけて、二人で食べました。

牧草収穫もなんとか4回目のラップを本日仕上げ、昨年の一番草の収穫数まであと14個という数になりました。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-26 20:29 | 日々の生活 | Comments(5)

次男とクローバー

先週の金曜日から2泊3日で、次男が帰ってきていました。
テスト後の休養をとるためだったようですが、いろいろ手伝ってもらいました。
下の写真は、育成舎で一番大きいクローバーを調教してもらっているところです。
f0097539_2113413.jpg

f0097539_21144830.jpg

一昨年、昨年と共進会に牛を出している経験があるので、頼んでみたら、やり始めに牛に振り回され、「無理」と言いながらも、その後まもなく、ちゃんと歩かせることができていました。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-22 21:15 | 家族の様子 | Comments(0)

ヘルパーを頼んで採草作業

天気を心配しながらも、15日に3回目の採草にとりかかりました。
今回も夫が刈った後から私がテッターをかけて広げました。
翌日は、夫がテッターをかけて、午後から集める予定でしたが、昼前に突然の雨。
草が雨に濡れてしまい、17日に仕上げる予定が無理になり、ショックで落ち込んでいました。
17日もどんよりとした天気でしたが、夫は午後から草を集め、今日(18日)仕上げることにしました。
一日で、ロールにし、運んで、ラップするために、朝の搾乳はサブヘルパーさんを頼みました。
私がヘルパーさんと搾乳をしている時から、夫は作業にとりかかり、普段朝食を取り終わる頃から、二人で運びました。
下の写真は、トラックで運んだロールを夫が降ろしているところです。
f0097539_20571243.jpg

夫の運転するトラックと一緒に、私はトラクターを運転して移動し、下の写真のように、ロールも運びました。
f0097539_2057442.jpg

夕方の搾乳までに、ラップ47個仕上げました。
f0097539_2058914.jpg

夕食時は、おいしいお酒が飲めました。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-18 20:58 | 酪農業について | Comments(0)

今年2回目の採草作業とピコポンの出産

天気のよくない日が続き、いつ採草作業ができるのか、夫はいらいらしながら天気予報を見ていました。
地域で不幸があって、6日と7日は、葬儀の手伝いに行きました。

そして8日、新しく借りた草地(うちの草地と沢を挟んだ隣)で、夫が草を刈り、そのあとから、私がテッターで広げていきました。

その間、5月28日分娩予定のピコポンのお産がいつになるのか、ずっと気になっていました。
予定日をかなり過ぎているので、難産になるのではないかと心配でした。

9日未明(2時半)、牛の鳴き声で飛び起き、牛舎に行くと、仔牛が産まれていました。
ピコポンが鎖に足をからませていてちょっと慌てましたが、親子とも無事で、よかったです。
産まれたのは、大きなメスで、「ポポロン」と名付けました。
f0097539_2052936.jpg

9日、夫は寝不足状態で、一日採草作業。
下の写真は、午後、夫が草をロールにしているところです。
f0097539_2052594.jpg

右奥に小さく写っているのが、うちの放牧地です。
拡大してみました。
f0097539_20553832.jpg

ロールにした草は、今日の午前中に運んで、ラップしました。
慣れないトラクターの運転などで、体のあちこちが痛いのですが、明日は天気が悪いようなので、温泉に行って疲れをとってくる予定です。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-10 20:58 | 酪農業について | Comments(3)

ツバメの巣

先月末から、牛舎にツバメが来て、牛舎の天井に巣を作りました。
f0097539_2137149.jpg

f0097539_21375017.jpg

うちの牛舎には、毎年ツバメが来て巣を作るのですが、スズメが多いせいなのか、いつも子どもが産まれる前に、ツバメは巣を放棄して出ていってしまいます。
今年も、数日前には、ツバメの巣に、スズメが入っていくということがありました。
どうなることかと思って見ていると、またちゃんとツバメが入って、ほっとしました。
夫は絶対今年もツバメは出ていくと言っていますが、なんとか今年こそ、牛舎でツバメの子どもが産まれ、子ツバメが口をあけて親からエサをねだる姿を見たいと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2009-06-07 21:38 | 日々の生活 | Comments(3)