<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ほほえみりんご

19日の新聞で、昨年の降ひょうと降霜でリンゴの被害が103億円もでたという記事を読みました。
傷つきリンゴを「ほほえみリンゴ」の名称で売ってはいますが、在庫が大量にありこのままだと捨てるようになるようです。
その後、このリンゴを「津軽農民組合」というところから注文したという方の投稿記事が新聞に載り、その方がブログで宣伝しているということを知りました。
そのブログを捜しておじゃまし、10キロ1500円ということで、私も注文してみました。

昨日、そのリンゴが届きました。
種類は、ふじと王林です。
f0097539_15365128.jpg

思っていたより傷は小さく(少なく)、食べてみると、とってもおいしかったので、お世話になっている方のところにも少し持って行きました。

箱の中には、生産者カードが入っていて、「ひょう害・凍霜害で被害面積は4割」と書かれていました。
また「おいしくないとかほほえむことのできないりんごが届いた場合は、お手数でもご連絡下さい」ということも書かれていましたが、私は、このリンゴを手にし、食べてみて、しっかりほほえむことができました。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-31 15:36 | 日々の生活 | Comments(8)

ピヨ太郎、ピヨ彦とツヨシのこと

ピヨ太郎とピヨ彦をまた短期間預かっています。
この二羽を育てている知人は、かわいがっているので、肉として食べるのはかわいそうだと言い、いずれうちの小屋で飼おうという話になりました。
ピヨ太郎の方は、とさかがしっかりできてきました。
f0097539_19475124.jpg

ところが、ピヨ彦は、写真ではわかりづらいかもしれませんが、ちょっと違います。
f0097539_19483956.jpg

まともなオスではないのではないかと思います。
オスメスはっきりしないニワトリもいるそうなので。

オスメスの話で話題になっているのは、ホッキョクグマのツヨシのこと。
ツヨシとピリカが、オスだと思っていたら、メスだったということ。
我が家にもツヨシがいて、ピリカに山村留学をしていたので、非常に親しみを感じるニュースでした。
そして我が家のツヨシが幼い頃、よく一緒に行った大阪の天王寺動物園が、クマのツヨシをお嫁にほしがっているとのこと。
北海道からお嫁に行くなら、大阪がいいねと、うちでは話しています。

我が家のツヨシ、推薦入試で合格し、4月から家を出て、寮生活で高専に通うことになりました。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-29 19:49 | 家族の様子 | Comments(2)

一人牧場でへとへとになった日とその次の日のできごと

次男の推薦入試のために、23日の夜から24日の夕方まで私が一人牧場に残り、朝の仕事は酪農ヘルパーさんの力も借りてやりました。

23日の夜、早めに仕事を終わらせて、夫と次男は出かけて行き、その後一度牛舎に行きましたが異常はありませんでした。
寝るときはちょっと緊張し、夜中に何回も眼が覚め、いつもより早く4時半には起きました。
私が普段牛舎に行くのは5時半ですが、5時前に行きました。

前日からの天気予報で、しばれている覚悟はしていましたが、まず牛舎の戸がなかなか開きませんでした。
でも中に入ってからは、順調に仕事が進み、ヘルパーさんが来てくれた時(5時45分ぐらい)は搾乳の準備をしていました。
一緒に搾乳とその後のエサやりなどの仕事をやり、バーンクリーナーを動かしてもらい(凍結して動かせないと困るので)いつもと同じ時間に親牛舎の仕事は終わりました。

ヘルパーさんが帰り、育成舎に行こうとしたとき、一番奥の牛のウォーターカップが凍結していることに気が付きました。
全部確認すると、真ん中の数カ所はよく水が出るのに、端の方は出ていないのです。
高いところにある管に、お湯をかけたり、お湯で温めた古着をかぶせて、溶かしていきました。
私は台にのらないと届かないところです。
何回も台を運び、お湯をくんで運び、台に上がっての作業。
そして、水を飲みたそうにしている牛のところに、水を運びました。
なんとか全部、少しは水が出て、でも水に勢いがないことは気になりながら、育成舎に行きました。

育成舎でも水槽の調子が悪く、元栓を開けたら、水があふれてきました。
すぐ元栓を閉め、エサやりと掃除をして、ちょっと朝食休憩。

その後牛舎に行き、牛の昼食の草を配りました。
その時ウォーターカップを見ると、なんとすべてのカップで水が出なくなっているのです。
昨年付け替えた直径10センチの水道管へ流れる水が、凍結して、出ていなかったのです。
牛達はみんな水が飲みたいと騒ぎ出すし、一人でどうしようかと思いながら、夫に電話しました。
夫はホースを巻き付けてお湯を流すように言うので、去年もそんなことをやったと思い出して、やりました。
ホースも凍結していたし、ひとりで管に巻き付けるのも苦労しましたが、なんとかやって、ウォーターカップの水が出てきました。

それから育成舎に行き、水槽の掃除をして、調子を整えました。

猫の手も借りたいような忙しさの中、うちの愛猫チャトランは、薪ストーブの横でのんびり寝ていました。
ところが、私が昼食をとろうと1時半過ぎに家に入ると、家から出て行くのです。
台所に行ってそのわけがわかりました。
私が昼食時に食べようと思って電子レンジにかけていたかぼちゃが、床に散乱していたのです。

夫が思ったより早く午後5時頃帰ってきて、ほっとしましたが、へとへとに疲れた一日でした。

次の日の朝は、バーンクリーナーが凍結し、動かすのに時間がかかりました。

午後、かんじきをくれた知人が来て、一緒にかんじきをはいて歩き、写真を撮りました。
f0097539_21542243.jpg

真ん中に小さく写っているのが、うちの家や牛舎や育成舎です。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-26 21:55 | 酪農業について | Comments(3)

かんじき

先週雪がたくさん降った後、暖かい日が続いています。
昨日、雪の下から、埋めていた大根を掘りました。
ビニールハウスをたてていた(今は骨組だけある)場所なのですが、そこに行くとき、深い雪に足が埋まって、歩くのが大変でした。
知人から「かんじき」をもらっていたので、こういう時に履いたらいいのだろうと、後で思いました。
f0097539_2131248.jpg

飾っていたかんじきを長靴につけて、雪の上を歩いてみました。
f0097539_21315554.jpg

たくさん雪が積もっているところでも、うまることなく歩くことができ、気持ちがよかったです。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-22 21:31 | 酪農業について | Comments(0)

この冬一番の大雪

今年は雪が少ないと思っていたら、一気に降りました。
昨日の朝、外に出ると、雪が50センチぐらい積もっていました。
前日に夫が雪かきをしていたのに、牛舎に行くにも、ニワトリ小屋に行くにも、一歩一歩長靴が埋まってしまう状態で、場所によっては、私の足の付け根まで深いところもありました。
家の窓が半分隠れてしまいました。
f0097539_20541489.jpg

車も雪に埋もれていました。
午後歯医者の予約をしていたので、雪かきをして動かせるようにしました。
f0097539_20545454.jpg

カーフハッチの周りやニワトリ小屋の前も、次男と一緒にやりました。
次男は犬小屋の周りの雪かきもして、夫がトラクターで作った雪山に、クッキーと一緒に登っていました。
f0097539_20561479.jpg

クッキーは、雪が深くても平気で、喜んでいました。
私は疲れてへとへと、次男も今日は筋肉痛だと言っています。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-16 20:57 | 日々の生活 | Comments(0)

スニーカーの子「キャンバス」

今朝私より早く牛舎に行った夫が、すぐ戻ってきて、「仔牛が生まれてる」と言うのです。
出産予定日20日のスニーカーが、一週間早く産んだのです。
うれしいことにメスでした。
今育成舎にいる「ブルース」の妹です。
ホタルの子の「太郎」も小さいと思っていたけど、さらに小さい子です。
f0097539_20533233.jpg

でも初乳をしっかり飲んでくれました。
名前は、家族4人で相談した結果、「キャンバス」にしました。

昨年の春にお産をして、まだ妊娠を確認できていなかった牛「アスカ」の妊娠鑑定を今日してもらいました。
結果はプラスで、今日は、うれしいことが重なった日でした。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-14 20:53 | 酪農業について | Comments(0)

今年初めてのお産

今年のお産第一号は、ホタルです。
予定日は13日でしたが、そろそろではないかと思い、昨夜、寝る前に私が見に行き、夜中の1時に夫が見に行きました。
夫が見に行った時には、もう仔牛が生まれていて、ホタルがなめていたとのこと。
ホタルの子は、メスなら「ポニョ」という名前にしようと決めていて、「ポーニョポーニョポニョホタルの子」と歌いながら、ホタルのお腹をなぜていたのですが、産まれてきたのはオスでした。
f0097539_2125559.jpg

昨年9月以来、4ヶ月ぶりのお産で、緊張していたので、とにかく母子共に元気でよかったです。
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-08 21:26 | 酪農業について | Comments(4)

2009年のお正月

あけましておめでとうございます。

お正月でも、私たちは、朝5時頃に起き、仕事をしています。
元旦の昨日は、午後から、部落の総会を兼ねた新年会があり、夫が出かけていきました。
湿った雪が降り続け、今日の午前中、夫は雪かきをしていました。
私は、町内の商工会の新春抽選会に行き、5等(500円の商品券)5本と4等(1000円の商品券)1本をあてて、その券を使って買い物をしました。
家に帰ると、夫が薫製を作ろうとしていました。
f0097539_20413135.jpg

昨年作った薫製機で、昨年はホタテを焦がしてしまったり、うずらの玉子を破裂させてしまったり、あまりうまくでいきませんでした。
でも今日は、ホタテの薫製がうまく出来上がりました。
f0097539_2042992.jpg

材料のホタテは、以前貝殻付きでたくさんいただき、貝殻をとって、味付けをして、冷凍しておいたものです。
夫は今度イカの薫製を作りたいと言っています。

明日から、次男がひとりで、私の実家に行きます。(2泊3日で)
[PR]
by fuji2213 | 2009-01-02 20:44 | 日々の生活 | Comments(4)