<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

育成舎での作業

育成舎に、3、4ヶ月ぐらいの子牛を二頭入れる囲いを作り、昨日完成させました。
f0097539_21194550.jpg

作業をするときは、クッキーを連れて行きました。
f0097539_21201170.jpg

つい私がクッキーに見とれてしまい、「クッキーばっかり見てないで、仕事に集中して!」と、夫に言われてしまいました。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-29 21:27 | 酪農業について | Comments(0)

春が楽しみ

倉庫を育成舎に作り替えた時にお世話になった業者さんに、育成舎の横の雪をかいて溝を掘るという作業をやってもらいました。
これで、育成舎の横から中に雪解け水が入ることがなくなり、安心して春を待つことができるようになりました。

ニワトリ小屋では、ひよこだったピヨ吉も、他のニワトリたちと一緒にしました。

少しいじめられているようですが、めげずにエサを食べようとしています。
今玉子は、一日一個平均ですが、春には数も増え、有精卵になることを楽しみにしています。
f0097539_9543323.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2008-02-27 09:55 | 日々の生活 | Comments(1)

降り積もる雪にも、溶ける雪にも、苦しむ毎日

先週の日曜日、かなり雪が降り、牛舎の屋根から雪が落ちるように、牛舎横の雪かきをしました。
そこにまた雪が降り積もっています。
f0097539_14104969.jpg

気温は低くなく、日中は雪が溶けるのですが、それが、育成舎の中に入り込んできました。
その水をかき出し、モルタルを塗ってみたのですが、それでもまた水浸しです。
f0097539_14112581.jpg

育成牛が増えているので、新しく二頭ぐらい入るスペースを作り始めていたところで、せめてものすくいは、そこを完成させ牛を移動させた後でなくてよかったということです。

この一週間は、他にも大変なことがありました。
水、木の二日間は、同じ部落で亡くなった方の葬儀のお手伝いに行きました。

8日が出産予定日だったクロッカスが、なかなか分娩せず、夜中にも見に行く日が続ていました。
クロッカスは、結局、22日の深夜、様子を見に行くと、お産をすませていて、元気な子牛(オス)が、もう立って歩いていました。
お産が遅れていたので、難産になるのではないかと心配していましたが、楽なお産でよかったです。
f0097539_14132245.jpg

でも、今はまだ、ミルカーをつけてもなかなか出ず、手搾りをしても絞りきれずに、漏らしています。
牛舎仕事に、非常に時間がかかっています。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-24 14:13 | 酪農業について | Comments(3)

さよなら、ワカバ

昨日、ワカバを廃用牛として売りました。
ワカバは、乳牛としては若くなく、14歳でした。
顔に、若葉マークのような形で白い部分があります。(その後に生まれた牛にも同じような顔の牛が結構いるのですが)
ここで11回お産をしています。
一昨年は双子を産んで、その後第四胃変位という病気で手術をし、乳量が非常に少ない状態でしたが、昨年11月、後継牛のクローバーを産んでくれました。
やっぱり乳量は少なく、牛に食べさせる牧草が、4月には間違いなく足りなくなることがわかったので、もう売ることにしたのです。
ワカバは、牛舎を出るとき、抵抗して、なかなか動きませんでした。
何かを感じていたのでしょう。
ちょっとかわいそうでした。

うちの牧場の経産牛(親牛)は13頭になりました。
もうすぐここに加わる初任牛が8頭います。
それ以外の育成牛が7頭で、全部で28頭です。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-15 14:20 | 酪農業について | Comments(0)

スニーカー、2回目のお産

今月は、若牛のクロッカスと、スニーカー(2産目)が、それぞれ8日と22日、出産予定でした。
クロッカスは、初産でF1の種を付けている(予定日より遅れることが多い)ことと、様子から、あと一週間くらい先かなと思い、スニーカーはもしかしたら一週間くらい早く、2頭同じくらいにお産をするかなと思っていました。
ところが、昨日の夕方、私より先に牛舎に行った夫が、「生まれてる!」と叫びました。
スニーカーがお産をすませ、生まれた仔牛は、もう立って歩いているのです。
うれしいことに、またメスで、「ブルース」と名付けました。
ズックの孫で、パンプス、サンダルンの姪になります。
叔母さんのサンダルンが、前日まで入っていたカーフハッチに、入りました。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-10 20:41 | 酪農業について | Comments(2)

立春

まだまだ寒さの厳しい日が続きますが、暦の上では、春になりました。
日も少しずつ長くなってきてうれしいです。
「北海道では、立春になるとニワトリが玉子を産み出す」と昔は言われていたそうです。
我が家のニワトリたち、6羽いただいたのが、4羽になってしまっているのですが、先週の初めくらいから、毎日1個か、時には2個、玉子を産むようになっています。

昨日は節分。
今まで節分だからと太巻きを食べていたわけではありませんが、昨日は自分で作ってみました。
芯にしたのはキュウリの漬け物。
それは、夏にハウスで作って、塩漬けし、それからミソ粕漬けにしたものです。
もちろん、うちのニワトリの玉子も入れました。
おいしく食べることができました。

子犬のクッキーは、歩き回る姿も、寝ている姿もかわいいです。
f0097539_2022315.jpg

f0097539_20222927.jpg

次男は、「おすわり」を覚えさせたようです。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-04 20:22 | 日々の生活 | Comments(0)

新しい家族「クッキー」

半月ほど前、農協で子犬の里親募集の張り紙を見つけた夫が、ニワトリ達の番犬になるから飼おうと言いだし、家族で相談の結果、里親になることに決めました。
見に行ったときは、5匹の子犬、みんなとってもかわいくて、その中でも、一番人なつっこいという子犬をいただくことに決めました。
12月11日生まれのアイヌ犬。
名前を「クッキー」とし、本日から私たちの家族になりました。
ころころしていて、本当にかわいいです。
f0097539_21133075.jpg

f0097539_210576.jpg

チャトランは、警戒し、近づこうとしません。
クッキーがチャトランの方へ行こうとすると、うなり声をあげて威嚇しています。
チャトランとクッキー、仲良くなってほしいと思っているのですが・・。
[PR]
by fuji2213 | 2008-02-02 21:01 | 家族の様子 | Comments(0)