<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「ロッキー」誕生

今日私は、農協女性部で、みそ作りをしました。
帰宅し、夕方、搾乳を始めた頃に、「チョモランマ」のお産が始まりました。
私達の夕食後に、赤ちゃんの足が出てきて、夜9時前に、無事に出産。
大変うれしいことに、メスでした。
チョモランマは、3産目。
2産目の時に、メスなら「ロッキー」という名にしようと決めていてオスを産んでいたので、今回生まれた子牛に、「ロッキー」と名付けました。
いつも寝る時間より前にお産に関わる仕事がすべて終わり、しかも元気なメスの誕生で、今夜は気持ちよく眠れそうです。

下の写真は、先日天気の良かった日に撮ったもので、雪に埋まってきた牛舎と、ラップ(牧草)置き場です。
f0097539_22101100.jpg

f0097539_22103290.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2008-01-31 22:17 | 酪農業について | Comments(0)

地面についた氷柱

先週後半、雪がかなり降り積もりました。
f0097539_15342513.jpg

気温はそれほど低くなく、湿った重い雪が積もり、窓の下枠より高くなっています。
家の屋根の雪はとけて氷柱が地面にしっかり届いています。
夫は、雪かきに追われ、これ以上降ると、捨てる場所がないと頭を悩ませています。
私は、農協婦人部や部落の婦人会など出かける用事が多く、その度に、雪に埋まった車を掘り起こし、先週土曜日は、吹雪の中、道路の端の雪の中に、車がはまって動けなくなってしまうということもありました。
その時は、ちょうど通ったお坊さんに、家まで送ってもらい、夫の車で、牽引してもらいました。

去年の雪が少なかっただけで、このくらい降るのは、いつものことのようです。
ご近所の方に、昔はもっと雪が多かったという話を聞いたり、まだ降るかもしれないけど、大変なのはあと一ヶ月だろうと聞いたりして、あと一ヶ月、なんとか乗り切りたいと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-28 15:34 | 日々の生活 | Comments(0)

穏やかな天気だった昨日から、大雪の今日にかけての出来事

昨日は、久しぶりに朝から青空が見られ、穏やかな天気でした。
朝の搾乳が終わってから、ニワトリ小屋に行き、いつものように世話してから、戸を少し開けておきました。
朝の仕事が全て終わり、戸を閉めに行くと、クーちゃんがいないのです。
あちこち捜しましたが見つかりません。
狐にやられてしまったのではないかと思い、暗い気持ちになっていました。

天気予報では、翌日暴風雪になるとのことで、凍結防止のため、牛舎のトタンがむきだしになっている水道付近に、断熱材をはめ、ベニヤ板を打ち付ける作業をしました。
f0097539_2111364.jpg

夜になってもクーちゃんは現われず、夫は狐を見たと言っていました。

今朝、雪が積もっている中で、朝の仕事スタート。
仕事中も雪は降り続け、最後の方で、育成舎の糞だしをするために雪かきをしたときには、雪は膝を越え、太股までありました。
仕事は朝の5時から始めて、9時半までかかり、朝食後夫はトラクターで雪かき、私は家の前の雪かきや牛舎の仕事をし、昼食は2時、夫は3時からまた外で仕事をし、ちょっと休憩をして、4時過ぎには、夕方の牛舎仕事。(写真を撮る余裕もありませんでした)

子牛が残したエサを持って、私がニワトリ小屋に行くと、近くになんとクーちゃんの姿。
すぐ小屋に戻して、夫に報告しました。
大雪の中それまでどこにいたのかわかりませんが、とにかく帰ってきてくれてよかった。
生きていてくれてよかったです。
うれしくて、明るい気持ちで、その後の仕事をすることができました。

夕食は、午後休校で帰宅していた次男が、牛丼を作ってくれました。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-24 21:12 | 日々の生活 | Comments(2)

ニワトリのお見合い

ピヨ吉がだいぶ大きくなったので、昨日の夕方、ケージごとニワトリ小屋に移してみました。
そして、今日、ケージから出してみました。
f0097539_14163263.jpg

ピヨ吉は、すぐニワトリにいじめられて、ケージの後ろに逃げたので、またケージに戻しました。
こうやって、少しずつ慣らしていこうと思います。

クーちゃんは、最近ますますニワトリを追い回し、上に乗りかかっています。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-21 14:16 | 日々の生活 | Comments(0)

雪が降り続く日々

ここに移住して2回目の冬。
気温は毎日マイナス5度6度で、あちこち凍りついていますが、年が明けてもしばらく雪はあまりありませんでした。
ところが、最近毎日雪が降り続いています。
下の写真は、サンダルン(右)とホタルの子、太郎(左)です。
f0097539_212618100.jpg

夫は毎日トラクターで雪かきをしています。
さらに昨日は、小さな小屋の屋根に上って、雪下ろしをしていました。
今日は、中学生2人も一緒に、牛舎の屋根から落ちた雪をかき、それをまたトラクターで運んでいました。
f0097539_21275218.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2008-01-19 21:28 | 日々の生活 | Comments(0)

ホタル、2回目のお産

夕方牛舎に行くと、ホタルのお産が始まっていました。
うちの牧場では、今年初めてのお産です。
搾乳の準備などをしている間に、元気な男の子が誕生しました。
長男は明日から高校のため、今日下宿に戻りましたが、次男が手伝ってくれていたので、非常にスムーズに、他の牛の搾乳中に、ホタルの初乳を搾って、子牛に飲ませてくれました。

明日から、中学1年生の男の子が、酪農家の生活を体験しにきます。
次男は、同世代の男の子が来るのは初めてだと、楽しみにしています。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-15 21:33 | 酪農業について | Comments(0)

凍った玉子

年末に、冬はニワトリを放し飼いにしているという方の話しを聞きました。
そこでは、冬でも夏と変わらないくらい玉子を産んでいるそうです。
うちでも、小屋の扉を開けて、外に出られる時間を作ってみました。
うさぎのクーちゃんが、すぐに外に飛び出し、結構広範囲を走り回っています。
ニワトリたちはなかなか外に出ないので、稲作農家にいただいたくず米をまいてみると、外で食べています。
f0097539_13485457.jpg

最近、朝の牛舎仕事の終わりに、小屋に行くと、二日に一個ぐらい、玉子があります。
今年になって今日で4個発見。
ところが、まともだったのは1個だけで、他の3個は凍って殻にひびが入っていました。

このあたりは、道内では寒さが厳しくない方ですが、最近日中でも氷点下の日が続いています。
今朝は、マイナス6度でした。
明日からは、牛舎仕事の前に、ニワトリ小屋に行こうと思っています。
真っ暗なのですが。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-12 13:50 | 日々の生活 | Comments(2)

おシゲちゃんとおキヨちゃん、育成舎へ

昨日、生後5ヶ月のおシゲちゃんとおキヨちゃんを育成舎に移動させ、5月にお産をするレンコンチッチを育成舎から親牛舎に移動させました。
おシゲちゃんとおキヨちゃんは、なかなかスムーズに歩かず、私と夫と次男の三人がかりで
の移動でした。
でも、レンちゃんは、次男が共進会に出した牛なので、次男が一人で引いて歩かせ、簡単に
移動させることができました。
これで、親牛舎には、2月から6月にかけて初めてお産する牛6頭を含めて、大きな牛が20
頭並びました。

育成舎の新入りは、一年前のぺぺロンチーノ以来です。
2頭とも、スタンチョンから顔を出すことができず、おシゲちゃん(写真左)は、スタンチョンの
ついていないところから顔を出してエサを食べました。
f0097539_151165.jpg

今まで他の牛にいじめられがちだったペペロンチーノ(写真右)が、この2頭には、きつくあた
っているようです。
おキヨちゃん(下の写真真ん中)は、エサを置いているところに、全く顔を出せずにいるので
、柵の下で食べさせました。
f0097539_1512821.jpg

おキヨちゃんは、11月生まれのクローバーと並んでいたとき、かなり大きくなったと感じまし
たが、育成舎では小さく見えます。
あせらずここに慣らしていこうと思います。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-09 15:13 | 酪農業について | Comments(0)

チャトランの働き

今年はねずみ年ですが、我が家では、昨年の終わりから、ねずみに悩まされています。
年末は、台所で小麦粉などが次々やられ、ねずみ捕りシートを置いて、たくさん退治しました。
最近は、倉庫で、餌袋がねらわれています。
子牛用の餌の紙袋に穴があけられ、どうやら中に入って、コーンだけ食べているような感じです。

今日の夕方、チャトランが居間にねずみをくわえて入ってきました。
牛舎でも、目につくところに、ねずみの死骸が・・。
ねずみの死骸は見ると気持ち悪いので、見えないところでチャトランが食べてくれるといいのですが、チャトランは、小さなねずみは食べているようですが、少し大きなものは食べないで、退治したものを見せに来ます。
その後始末が本当に苦痛です。
それでも、ねずみを退治してくれるのはありがたいので、ほめてやることにしています。
これからも、しっかり働いて、餌袋の被害がなくなるといいなと思います。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-06 21:02 | 日々の生活 | Comments(3)

2008年お正月

元旦の朝、夜が明けていく様子を撮った写真です。
f0097539_13393922.jpg

f0097539_1340691.jpg

f0097539_13403657.jpg

お正月、いつもと同じように仕事をしていますが、違うのは、食事と、年賀状が届いているこ
と。
おせち料理は、黒豆、根菜の煮物、紅白なます、きんぴらごぼうなどを作り、あとは、買って
きたかまぼこ、昆布巻き、ごまめ(田作り)、いただきものの数の子などを重箱に詰めて、い
ただきました。
お雑煮は、関西出身の夫が昔から食べているもので、白みそ味で、おもちは丸餅、他に里
芋と大根と水菜を入れて作りました。

遠く離れた知り合いから年賀状をいただくと、自分が忘れられていないと思い、うれしいです

去年の年賀状にブログアドレスを入れたので、今年は、「ブログ見てます」と書かれたものが
何通もあり、それがとてもうれしかったです。
以前の職場の同僚や卒業生のお母さんからの年賀状を見ながら、私の勤めていた学校も、
すばらしい教師や保護者が多かったなあと思い出しました。
私は、息子達の学校のPTAの一員として、ほとんど何もできていないなあと思いました。

このお正月、私は実家には帰らず、次男だけ、今日から2泊3日で行かせました。
[PR]
by fuji2213 | 2008-01-03 13:42 | 日々の生活 | Comments(2)