<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小屋作り、次男も活躍

23日、24日と、次男が休み(クラブもなし)だったので、一緒に種まきをし、小屋作りも進めました。
今、小屋は、ここまでできています。
f0097539_15585928.jpg

次男は、廃材を使って、エサ箱も作りました。
f0097539_15592299.jpg

産室も作り始めています。

24日には、自然養鶏をされている農園におじゃまし、いろいろ話しを聞かせていただき、廃鶏を譲っていただくお願いをしました。
できれば、10月7日までに、小屋を完成させ、8日からニワトリを飼う生活をスタートさせたいと思っています。

夫はこの間、近所のジャガイモ掘りのお手伝いに行き、今は牧草収穫作業中。
しばらく、天気を見ながら、牧草収穫作業と小屋作りが続きます。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-26 15:59 | 日々の生活 | Comments(0)

放牧地の様子と草地をよくするための仕事

f0097539_20515210.jpg

f0097539_20523284.jpg

放牧地がこのようになっています。
いろいろな方に相談したり、教えて頂いたりした結果、ハスモンヨトウという虫にやられたようです。
この虫は北海道では越冬はしないようなので、少し安心しました。
うちの牧草地以外にも、町の共進会場やパークゴルフ場もやられて、真っ茶色になっているそうです。
根までやられているわけではないようですが、ペレニアルライグラスという牧草を増やしたかったので(去年から追幡しているのですが)、また種を播くことにしました。

うちの牧草地には、アザミが結構あり、去年も何回も退治したのですが、ちょっと油断していたら、たくさん花を咲かせてしまいました。
今年、根から抜いて退治しようと思いましたが、あまりにも多くて、とりきることはあきらめ、とにかく花を咲かせないように、放牧地を歩いて、倒したり、抜いたりしてきました。

今回、できるだけアザミを抜いて、そこに種を播くということもやっていきました。
時間がかかる地味な仕事ですが、牧草地がよくなることを思い、草を食べてる牛たちの姿を見ながら、この牛たちがもっと健康になり乳量も増えることを思いながらやると、ちょっと愉快な気持ちでできました。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-23 20:53 | 酪農業について | Comments(2)

フォルクローレコンサートと簡単チーズケーキ

17日の夜、「インティ・キジャ フォルクローレ コンサート」に行きました。
アンデスの楽器チャランゴ弾き語りで、日本漫遊の旅を続けている、吉田徳明さんが来られたのです。
チャランゴやケーナの演奏、現地語での歌声や口笛は、本当にすばらしく、別世界に連れて行ってもらったような気分でした。
また、おしゃべりも面白く、一緒に手拍子をしたり、歌ったりしたのも楽しかったです。

今日は、夫は、近所でお世話になっている方に頼まれて、じゃがいも収穫作業の手伝いに行っています。
私は、人工授精や妊娠鑑定などのために獣医さんに来てもらったり、牧草地のアザミ退治をしたり、あと家事をあれこれやっていました。

図書館で借りた本に載っていた、10分でできるという簡単チーズケーキを作ってみました。
カッテージチーズ(裏ごし)70gとレモン汁大さじ1を混ぜ、
そこにヨーグルト80g、砂糖大さじ2、卵1個を加えて泡立て器で混ぜ、
それをココット器(私は湯飲み)3個に分けて、
オープントースターで7分ほど焼いて出来上がり。
f0097539_1684957.jpg

次男は、「普通のチーズケーキの方がおいしい。」
と言いながら、
ハチミツをかけて食べ、「まあうまかったよ」と言っていました。
チーズや牛乳豆腐は好きではないのですが。

夕方の牛舎仕事の後、次男を隣町のお祭りに連れて行きます。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-19 16:10 | 日々の生活 | Comments(0)

悪いこと続き

うちの牛はあまりにも乳量が少ないので、エサを増やしてみましたが、乳量はあまり増えません。
草が悪いのだと思うのですが、今日牧草収穫作業をしているとき、6月に作ったラップに、猫の足跡と穴をたくさん見つけました。
穴はふさぎましたが、そこから中にカビなどが広がっていないか心配です。
今日の作業は夕方には終わる予定だったのですが、作業中にトラクターのタイヤがパンクし、作業を中断して、先に搾乳をすることにしました。
そして本日一番ショックだったのは、エメラルド(来年1月に2産目の予定)が流産。
牛舎作業のあと、気持ちも暗い中、ロールにした草をラッピングしました。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-14 21:12 | 酪農業について | Comments(2)

放牧地を食い荒らす虫

放牧地の枯れた部分が、どんどん広がっています。
そこをよく見ると、下の写真のような虫がいました。
f0097539_20124651.jpg

f0097539_20131747.jpg

f0097539_20134243.jpg

ネキリムシというものでしょうか?
放牧地に殺虫剤を撒きたくないので、北海道で越冬しないものなら、このまま放っておこうと思うのですが、このまま放っておいて、来年に影響がでると困ります。
どうしたらいいのか、悩んでいます。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-12 20:13 | 酪農業について | Comments(1)

こんなものも食べています

今年初めて食べたものが、熊の肉以外にいろいろあります。
まずトマトの脇芽。
これは、天ぷらにするとおいしくて、何回も食べています。
それから、かぼちゃの葉柄(葉を茎につないでいる部分)
とげとげした皮をむいて、みそ汁に入れると、フキに似ているのですが、フキより、しゃきしゃきしていておいしかったです。
下の写真は、堆肥から自然にできたかぼちゃです。
このかぼちゃは、どんな料理にしようかまだ考え中です。
f0097539_20164819.jpg

8月の中頃から、掘っ立て小屋を建てています。
f0097539_20171922.jpg

これが完成したら、三分の二は薪を入れ、残りの三分の一で、ニワトリを飼う予定です。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-10 20:17 | 日々の生活 | Comments(0)

熊の肉


f0097539_20172934.jpg
いつもお世話になっている近所の方に、熊の肉をいただきました。
うちの近くの沢で捕らえられ、それを見に行ってもらったそうです。
熊の肉は今まで食べたことがなく、くさくてあまりおいしくないと聞いていました。
くださった方に教えていただいたり、インターネットで調べたりして、料理しました。
一度茹でて、その湯を捨て、一晩お酒をふりかけておいて、それをショウガとニンニクで炒めてから、ごぼうやタマネギなどの野菜と一緒に味噌煮して、食べてみました。
肉は、筋の部分だったのか、かなり堅かったのですが、くさいということはなく、でもおいしいというものでもありませんでした。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-06 20:18 | 日々の生活 | Comments(0)

牛通行中

昨日の夕方、放牧地から牛を牛舎に入れようとしていたときのこと。
道路を横断させるので、道路に白い電牧のワイヤーをセットし、牛たちを移動させようとしたら、一台の車がすごいスピードでやってきました。
私が「すみません」と叫びながら、両手を挙げて大きく振ったのですが、車はワイヤーをつっきって、ちょっと止まりかけて、またもう一本のワイヤーも外して走り去りました。
ワイヤーを結んでいた杭が倒されていました。
今まで、こんなスピードで走っていく車はなかったので、びっくりするやら、腹が立つやら。
公道を通行止めにして、迷惑をかけているのですが、一言謝ってほしかったです。
牛が事故に遭わなったのはよかったです。
f0097539_20241872.jpg

今日は、上の写真にある看板を作りました。
ダンボールを三角柱にして、ラップのビニールを貼って、「牛通行中 ご迷惑をおかけします」「牛が通ります 止まってください」「牛に注意してください」と書きました。
[PR]
by fuji2213 | 2007-09-04 20:24 | 酪農業について | Comments(2)

枯れた牧草地

f0097539_20492623.jpg

ひでりが続き、牧草地が枯れてきました。
雪が少なく、雨も降らない日がこんなに続いている年はないと、近所の人たちも言っています。
この枯れたところが、これからどうなっていくのか、心配です。
このまま広がっていくのだろうか。
一度枯れたところは、この先ちゃんと草が生えてくるのか・・・。

牛たちは、二番草を刈ったあとの牧草地に放牧しました。
雑草も多く、あまり良い牧草地ではないのですが、とってもうれしそうに草を食べていました。
f0097539_20503636.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2007-09-02 20:53 | 酪農業について | Comments(0)