<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

まだ放牧に慣れていない牛

今年初めてうちの牧場で放牧している親牛たち(購入した牛と、育成牧場に出していた牛)が、今四頭います。
f0097539_20555032.jpg

写真の真ん中、スニーカーは、私が放牧地に入ると、ぴったりと後について歩いてきます。
エメラルド(右)もよくついてきて、その後から、ホタル(左)がついてきます。

もう一頭は、コロネで、今まで放牧経験の全くなかった牛です。
一昨日から放牧しているのですが、昨日は、一頭だけ牛舎に帰るのを嫌がり、今朝は牛舎から出るのを嫌がり、手間がかかっています。
今日の午後は、なぜか一頭だけ牛舎の入り口まで帰ってきていました。
小柄な牛なので、電牧ゲートをくぐってしまったようです。
夕方、牛を牛舎に入れた後で、夫がゲートの位置を低く付けかえました。

これからまだ二頭、育成舎にいたクロッカスと、もうすぐ出産予定のイソップを他の親牛たちと一緒に出していく予定です。
うちの放牧に慣れていない牛は、スムーズにいかないこともあるだろうし、大変ですが、牛をつれて歩いたり、牛追いをしたりするのは楽しいと感じています。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-27 20:59 | 酪農業について | Comments(1)

本格的な放牧スタート

思うように進まなかった放牧準備ですが、なんとか今日から、親牛たちの本格的な放牧を始めることができました。(昨年より約二週間早い)
牛が、放牧地で、のんびり草を食べている風景は、やっぱりいいものです。
f0097539_21125516.jpg

夕方、牛たちを牛舎に戻すことが大変なのではないかと心配でしたが、門で呼んだらみんな戻ってきて、スムーズに牛舎に入れることができ、搾乳作業をいつもより早く終わらせることができました。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-23 21:13 | 酪農業について | Comments(0)

次男が急性虫垂炎

昨日は、夕方牛舎仕事をしようとしたら、放牧中の育成牛が二頭脱走していて、かなり離れたところまで迎えに行き、連れて帰るのに一苦労。
仕事が終わるのが遅くなり、家に帰ると、次男は先に一人で夕食をすませて、寝ていました。
いつも早寝早起きの子ですが、机の上に「38度の熱があるので、明日の朝牛舎休む」という書き置きがあってビックリ!
今朝も熱が下がらずに、腹痛もあり、町の国保病院に連れて行くと、急性虫垂炎(盲腸)の疑いがあるので、隣町の総合病院に行くように勧められました。
レントゲン写真や血液検査の結果と紹介状を持って、すぐその病院に行くと、急性虫垂炎に間違いないとのことで、即入院、そして夕方手術でした。
本人は、手術を怖がっていましたが、全身麻酔ということで、「お産より痛みも苦しみもないかも」と私が言うと、「お産は後に感動があるやろ」ともっともなことを言っていました。
手術は17分で終わり、麻酔から覚めて、痛みが出ると、痛み止めの注射を打ってもらい、そこで私は家に帰ってきました。

今は町議選の真っ最中。
ここは合併後初の選挙で、落選する人がたくさんいます。
私は現職でどうしても引き続き議員をやってもらいたい人がいて、宣伝カーのアナウンスも頼まれていたのですが、一日しかやることができませんでした。(残りの2日は病院通いと仕事)
多くの候補者は、名前の宣伝しかしていませんが、私が応援している人は、町民の命と暮らし、農漁業を守るために、がんばっている人です。
憲法9条を守るということもはっきり言っています。
全国の地方選挙で、そういう人がたくさん当選して欲しいと思います。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-19 21:41 | 家族の様子 | Comments(6)

ミントが出産、生まれた子牛は・・・

今朝牛舎に行くと、「ミント」のお産が始まっていました。
予定日より10日も早く産まれた子は、弱々しい子で、オスだったので、「次郎」と呼ぶことにしました。(ホルスタインの子牛は、6頭連続オス)
次郎は、ぐったりしていて、立ちそうな様子もなく、初乳も飲みませんでした。
体温が低く、ブルブル震えていたので、乾布摩擦をしたり、ペットボトルの湯たんぽで必死に温めたりしながら、獣医さんが来るのを待ちました。
点滴をしてもらい、午後にはなんとか初乳を飲み、体温も正常に近づきました。
でも、まだ立つことはできない状態です。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-15 21:15 | 酪農業について | Comments(4)

放牧準備

f0097539_8323967.jpg

この写真は、ユーラップ岳に向かって、右側の風景です。
昨日は、とても良い天気で、放牧準備を進めました。
朝起きる時間を早くし、一日働き疲れましたが、美しい景色を眺め、鳥のさえずりを聞きながらの作業で、放牧風景を思い描きながら、楽しくやっています。
下の写真の山は、ユーラップ岳です。
f0097539_8332599.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2007-04-12 08:38 | 酪農業について | Comments(3)

最近の出来事と食生活

3日、4日、約一年ぶりに、実家に帰ってきました。
牛乳豆腐と手作りヨーグルトを持って。
実家には、父と姉家族がいて、姉は牛乳豆腐を豚肉で巻いたり、練り梅を挟んだりして、フライにしてくれました。

5日の朝、スニーカーが、F1のメスを出産。
スニーカーは、ズックの子どもで、パンプスのお姉さんです。
予定日が4月1日でしたが、乳房は小さく、お産はまだまだ先だと思っていました。
赤ちゃんは今までで一番小さく心配でしたが、少しずつしっかりしてきました。
お産ラッシュが一段落し、搾乳に慣れていない牛がいたり、搾乳頭数が少し増えたり、乳房炎の牛がいたり、ミルクを飲ませる仔牛が増えたり、今牛舎の仕事は大変ですが、子どもたち二人が手伝ってくれるので、家族4人で楽しく仕事ができています。

長男は、朝の牛舎仕事のあと、私がホームベーカリーで焼いた食パンを4枚(1、5斤を二日で)食べてくれます。

5日の夕食時、ふきのとう味噌を作りました。
あちこちにたくさん見られるふきのとうを採ってきて、刻んでゴマ油で炒めて、みりんを加えた味噌で煮て、できたふきのとう味噌を厚揚げにのせて焼きました。
昨日のお昼ご飯は、ふきのとう味噌をつけた焼きおにぎりを作りました。

今日は、釣ったソイをいただき、夫が刺身にし、私がアラをたく予定です。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-07 15:03 | 日々の生活 | Comments(0)

コロネのお産とトラクター講習

昨日の朝の牛舎仕事が終わる頃、「コロネ」が破水しました。
予定日は、3月21日だったので、待ちに待ったお産です。
春休みでしっかり仕事を手伝ってくれている次男が、「牛舎の時間が長くなるの?」と不機嫌になっていたので、急いで仕事を切り上げ、朝ご飯を食べて見に行くと、もう産まれていました。
初産だったので、小柄なF1の種をつけていて、オスが産まれることを望んでいたら、久しぶりに希望どおりの性別、元気な男の子でした。

午後は、家族でトラクター講習。
次男が一番乗り気で、夫に「いつできる?」と聞いてやることになりました。
長男と私も一緒に、夫から基本的な説明を受け、まず次男が乗り、長男が乗り、そして私も。
エンジンをかけ、ちょっと前に進み、止まって、バックをして止まり、エンジンを切るところまでやりました。
私は恐る恐るでしたが、子どもたちは張り切ってうれしそうに乗っていました。
[PR]
by fuji2213 | 2007-04-02 22:19 | 酪農業について | Comments(0)