<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

憲法九条をうたうCD

f0097539_2072279.jpg
大阪で参加していた「Peace Call」という合唱団の指揮者の方が、「宝物の歌 憲法9条をうたうCD」を送ってきてくれました。
このCDには、Peace Callの団歌「笑顔の花を」も、仲間たちの合唱で収録されています。
私はその録音の日にはもう大阪を発っていたので、参加できませんでしたが、練習には参加していたので、聴いていると一緒に歌っているような気持ちになります。
憲法9条を変えようという動きがあり、教育基本法が変えられようとしていますが、私は戦争をしないと誓った憲法9条が好きです。
国を愛することより、すべてのいのちをいとしく思えることが大切だと思います。
世界の宝、憲法9条を守りたいという思いがふくらみます。
またみんなと一緒に歌いたいと思うのですが、しばらくそれはできないので、CDを聴きながら歌います。
そして、このCDをこちらで知り合った方たちにも聴いてもらいたいなと思いました。
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-31 20:09 | 日々の生活 | Comments(3)

電牧ゲートを壊した牛のその後

この間、電牧のゲートを壊した牛は、その後、工事に来てくれた人に助けてもらって、牛舎に入れました。
しばらく搾乳していなかったために、乳質が悪くなっているし、乳量もわずかなので、肉として手放そうかと私たちは考えていましたが、もう少し様子を見てはどうかという意見も聞き、また放牧に出し搾乳を続けることにしました。
ところが、また昨日の朝、牛舎に入らず、牧柵を壊して、道路を渡り、昼に放牧しているところに入っていきました。
やっぱり放牧に出さずに、売ってしまったほうがよかったと思いながら、このままでは悔しいし、今後も扱いづらい牛はいるだろうから、二人で牛舎の出し入れをやっていこうと話し合いました。

とても臆病な性格のようで、大声を上げたり叩いたりすると興奮してわけがわからなくなります。
囲いの針金があっても、私が通せんぼをしていても、牛舎と反対方向に行こうとします。
昨日の夕方は、私も無我夢中でモクシをつかみ、振り飛ばされそうになると、夫が持ちなおしてくれました。
夫が正面から近づくより、私が横からモクシをつかんだ方がいいということがわかり、でも私の力では手に負えないので、私がつかんでから、夫が目を合わさずにつかみ、私が後ろにまわって押すという方法で、今朝も今日の夕方もなんとか出し入れをしています。
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-29 21:04 | 酪農業について | Comments(5)

牛舎の床工事完了

昨日、牛舎の床工事が終了し、今朝から搾乳時、両側に牛を入れました。
そして今日は、午前中埃まみれになりながら、掃除をしました。
一ヶ月前の、蜘蛛の巣だらけで、じめじめとした状態の牛舎とは、別の牛舎のようになりました。

お昼には、放牧研究会の方たちが20人近く来て、牛舎の横で、バーベキューをしました。
本当は、我が家がお礼を兼ねて、準備などをするべきだとは思ったのですが、みんな他の人が段取りしてくれました。
おいしいバーベキューを食べて、一人ずつ自己紹介を兼ねて、話をしたのですが、ある方は、うちの工事をやって熱を出し、奥さんだけで牛舎仕事をした日があったということ、またある方は、奥さんが仕事を持っていて、食事の支度もしているということを知り、感謝と共に申し訳ない気持ちが大きくなりました。
それに対して、私たちができることは、まずしっかり働き、牧場を軌道に乗せることだと思います。

牛舎仕事は、一週間前から、今までやってこられた方の力を借りずに、自分たちだけでやっています。
みんなの話を聞いて、自分たちのやり方を考え、少しずつ変えながらやるのは、楽しいです。
昼夜放牧と合わせて、牛床がきれいになったことで、牛が本当にきれいになりました。
夕方、みんなが帰った後、あれこれ考えながら楽しく搾乳などをしていたのですが、隣の牛が邪魔になり、動かせようとしたとき、突然うんこをして、私は右半身にべちょっと、泥のようなうんこをかけられました。
農家の女性がよく着ているナイロン製の作業着を着ていたので、中の服まで汚れずにすみましたが、うんこまみれでしめくくる一日となりました。
↓床の工事前↓
f0097539_2174531.jpg

↓床の工事後↓
f0097539_218621.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2006-05-27 21:12 | 酪農業について | Comments(3)

牛舎の床工事スタート

今週の月曜日から、牛舎の屋根改修工事をしてくれていたメンバーで、牛舎の床を直してくれています。
今は、半分にコンクリートをしいた状態で、搾乳の時だけ、反対側に牛を入れて搾乳をしています。

工事の初日に、仔牛を5頭、隣の倉庫に移動させました。
6ヶ月のクロッカスの他4頭は、今まで囲いの中で一頭ずつ飼っていたもので、5頭の牛が一緒になっている様子は、牛の保育園みたいで、かわいいです。
f0097539_154455.jpg

倉庫に移した夜、水を持っていこうとしたら、今月初めに生まれたレンコンチッチ(写真の一番右)が、外にいてびっくり!(綱がはずれたみたい)
驚きを隠して近づき、手を差し出すと、なめようと口を近づけてきたので、首についていた綱を引いて倉庫に戻しました。

親牛で一頭、様子の変わった牛舎に入らなかった牛がいて、昨日の朝、無理に入れようとしたら、針金の囲い線をはずして道路に飛び出し、私たちは大あわて。
その牛は、道路を超えた放牧地に向かって走り、新しい電牧のゲートを壊して、放牧地に入っていきました。
電気が流れていたのに、興奮するとわけがわからないようで、私たちは、こんなこともあるのかと、ショックと今後の不安で気が重くなりました。
でも、工事に来てくれていた放牧研究会の人たちに話すと、そのくらいのことはたいしたことではないという気になりました。
本当に、いろいろな面で頼りになる人たちです。
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-24 15:09 | 酪農業について | Comments(0)

草をはむ牛

放牧をして、乳量は20パーセントぐらい増えています。
二日前から昼夜放牧をしていますが、朝、牛舎に入れるのが大変です。
朝から牛たちと追いかけっこをしているような状態です。
いい運動になっているかな。

放牧地の牛を見るのはおもしろいです。
昨日は次男と一緒に、放牧地に寝そべり、牛が草をはむ姿を間近で見ました。
草をはむ音もいいものです。
f0097539_2055732.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2006-05-21 20:56 | 酪農業について | Comments(3)

町営牧場へ

育成牛の「スニーカー」を町営の育成牧場に入牧させました。
スニーカーの後を追って、様子を見に行きました。
山の上のとても見晴らしのよい所で、そこへ行く途中には、まだ残雪も見られました。
スニーカーは、私が行くと、他の牛から離れて近づいて来て、ちゃんとわかっているようで、うれしかったです。
f0097539_4231538.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2006-05-19 04:24 | 北海道の大自然 | Comments(3)

最近の食生活から

こちらは今、一斉に花が咲いています。
水仙、チューリップ、そして桜も今咲いています。

あちこちにフキがあり、牛舎の近くにはミツバがいっぱい。
フキはまだ食べていませんが、ミツバは次男が大きな袋いっぱい採って、おひたしにしたり、みそ汁に入れたりして、楽しく味わっています。
昨日は、山わさびの根をすりおろしたものと、牧場のお隣さんが栽培したしいたけをいただきました。

今月初めに出産した牛の牛乳を使って作った牛乳豆腐も、毎日食べています。
牛乳豆腐は、お鍋で牛乳を70℃くらい(膜がはるくらい)にして、それから酢を少しずつ加えて作ります。
一度作ったものをあたためて、わさび醤油で食べたり、焼いてポン酢をつけたりしています。
私が一番好きなのは、片栗粉をつけて、油で揚げて、醤油やポン酢をつけて食べることです。

バターも作りました。
牛乳をペットボトルに入れて振るだけでできて感動しました。

それから、こちらに来てすぐ、カスピ海ヨーグルトの菌をもらって、自分たちが搾っている牛乳で毎日ヨーグルトを作って食べていました。
そのヨーグルトは、残念ながら最近菌が弱って食べられなくなってしまいましたが、またもらって、食べ続けたいと思っています。
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-17 20:07 | 日々の生活 | Comments(2)

ラッキーとクーちゃん

先週の水曜日の夜中、雨に濡れたラッキーが「クーン、クーン」と鳴く声に起こされました。
寝不足が続いて辛かったのですが、その声が気になって眠れないので、ラッキーを玄関に入れてやりました。

ラッキーは大阪では玄関で飼っていた犬です。
でも、この家の玄関には、クーちゃんというウサギがいるので、玄関に入れませんでした。
本来狩猟犬であるビーグル犬なので、ウサギがかわいそうだと思ったからです。

ところが、水曜日の夜以降、玄関で、ラッキーとクーちゃんは、仲良く寄り添ったり、じゃれ合ったりしているのです。
その様子がかわいいので、私たち家族3人は、何度も玄関に見に行って、何枚も写真を撮っています。
f0097539_203858100.jpg

[PR]
by fuji2213 | 2006-05-15 20:39 | 家族の様子 | Comments(1)

牛舎改修工事完了

昨日牛舎の屋根の改修工事が完了しました。
短期間に、仲間の力で、こんな見事な屋根ができるなんて感動です。

昨日の夜は、工事をしてくれた人たちも含めて、放牧研究会で、新規就農の歓迎会をしてくれました。
北里大学の八雲牧場で、牧草だけを食べて育った牛の肉を食べました。
近頃は、輸入の濃厚飼料をたくさん食べさせ、霜降りなどはビタミンAを欠乏させ、目が見えない病気の牛を作り、それが高級牛肉とされているようですが、牧草だけの健康な牛の肉、とってもおいしかったです。 

f0097539_19401396.jpgf0097539_1940277.jpg











右上の写真は牛舎の近くに来たキツツキです。
トントントントン木をたたく音が楽しいです。
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-13 19:48 | 酪農業について | Comments(0)

次男の中学の弁論大会

今日は、次男の中学校で、校内弁論大会がありました。
次男は、「やっぱ牛乳でしょ」という題で発表しました。
入賞はしなかったようですが、その内容の一部を紹介します。

「(略)父が単身で酪農の研修をすることになった。僕は度々父に会ったが、父はその度に田舎の酪農家らしい顔になっていた。
 そして3月に家族みんなが引っ越してきて、酪農家になった。
 しかし、引っ越してすぐに、牛乳の生産調整のニュースが流れた。僕はこれから酪農をやる我が家はどうなるのかと不安になった。でも、家の牛舎を手伝う中で、これだけ苦労して、愛情込めて牛乳を生産しているのだから、いつかその思いが届き、牛乳が見直される日が来るんじゃないかと思い始めた。そのためには、国民一人一人が牛乳に関心を持ち、一日いっぱいの牛乳を飲むだけで、変わってくると思う。
 やっぱ牛乳でしょ。」

次男は、大阪では、牛乳が嫌いで飲まなかった子です。
 
[PR]
by fuji2213 | 2006-05-12 19:15 | 日々の生活 | Comments(1)