アカクロックス、名付け親は実習生

f0097539_22290023.jpg

7月29日の朝、サンダルンが、女の子を産みました。
農業高校の実習生が考えていた名前は、クロックスでしたが、父親がレッドで、少し赤毛なので、アカクロックスになりました。
実習生2人とも、酪農の仕事は、ほとんど初めてでしたが、牛をとても可愛がってくれました。
Y君は、牛に恋をしたと言い、よく牛に抱きついていました。
K君は、ちょっと難しい牛とも、仲良くなりたいと言って、勇気を出して、挑戦していました。
二人とも、農業が好きで、楽しみながら、たくさん仕事をしてくれました。
同級生の中では、あまり本音を話さなかったという彼らが、2週間の実習中に、本音を語り、お互いの理解が深まっていったことも、嬉しいことでした。
[PR]
by fuji2213 | 2017-08-10 21:56 | Comments(0)
<< 長男、27才の誕生日 我が家のゴールデンウイーク >>