2月末から4頭分娩

今日初めてお会いした方が、このブログを見てくれていると知り、記事を書く気になりました。
うちは、牛が19頭という小規模酪農なので、分娩も、1ヶ月平均1,5頭にもならないくらいです。
それが、この半月で4頭分娩しました。
テクテクが、女の子を産んだことは、以前書きましたが、その後、2月29日に、ハルちゃんが、朝の牛舎仕事中に、男の子を産みました。
この太郎は、今日肉牛農家へ売りました。
次は、3月4日にMJが、予定日より1週間以上早く双子を分娩。
朝牛舎に行くと、残念ながら、2頭とも死んでいた上に、MJも、立てなくなっていました。
MJは、獣医さんに注射を打ってもらい、寝返りをさせていたら、その日のうちに立てるようになりましたが、夜中に夫が見に行くと、またおかしな態勢で動けなくなっていて、直してやりました。
それから、毎晩、交代で、夜中も牛舎に、牛を見に行き、8日の午前中、シオサイが、男の子を分娩。
写真は、その子、次郎です。
f0097539_14501272.jpg

分娩があると、バケットでの搾乳、哺乳もあります。
太郎と次郎は、同じところに入れていたので、大変でした。
でも、この1週間は、長男が手伝ってくれて、今晩から、日本の女子大生ウーファーさんが、来てくれます。
[PR]
by fuji2213 | 2016-03-11 14:49 | Comments(2)
Commented by 風雪ながれ旅人 at 2016-03-13 10:56 x
先日は、お忙しいところ大勢の皆さんに迎えていただき有難うございました。仲間に入れていただけるのを楽しみにしています。
Commented by fuji2213 at 2016-03-13 16:09
風雪ながれ旅人さん、私たちも、大勢の人に支えられて、やってきました。新しい仲間、大歓迎です。
<< 移住まる10年 ごっご汁を作って食べて、その後勉強会 >>