WWOOFジャパンのホスト登録

この11月1日から、WWOOFジャパンホストの仲間入りをしました。
f0097539_22343576.jpg

WWOOFとは、「食事、宿泊場所」と「力」を交換するしくみで、登録したものだけが利用できます。
ホストは、「食事、宿泊場所」を提供する側で、「力」を提供するウーファーとは、お金のやり取りはなく、コミュニケーションを大事にして、お互いに何かを得るというものです。
英語を話せる外国人ウーファーも受け入れようと、申請時に、英文のプロフィールなども送りました。
日本語を英訳する時、英語を学んでいる長男に、メールで頼んでやってもらいました。
今月からホスト登録されたとはいっても、私たちが実際に受け入れるのは、春から秋なので、春までに、少しは英会話ができるようになったらな、と思いながら、私は何もしていません。

でも、最近、金子みすずの詩集「睫毛の虹」を買いました。
これは、英訳もついています。
私の好きな「みんなちがって、みんないい」は、
We're all different and all wonderful.
私なりに、コミニュケーションをとる準備をしていきます。
[PR]
by fuji2213 | 2010-11-01 22:39 | 日々の生活 | Comments(2)
Commented by クルミルク at 2010-11-02 04:57 x
ウーフー気にはなってたんですけど、
登録には至っていませんでした。
府県の農家酪農家は実習生の受け入れの経験は有りません。というか普通来ません。
酪農=北海道なんでしょうね多分。
けれどもしかしたら来てくれるチャンスは在るのかなという期待も少しだけ・・・
ウーフー気になるな、わが家もも登録してみようかな。
今後の展開にひそかに期待
Commented by fuji2213 at 2010-11-03 20:24
クルミルクさん、コメントありがとうございます。
ウーフは、同じ町で、黒豚農家さんと養鶏農家さんがやっていて、話を聞いて、やってみることにしました。
実際、どんな方が来てくれるのか、どうなるのか、期待と不安があります。
<< 関税撤廃をめざすTPP(環太平... 夜間放牧終了 >>